*
42
美labo > メークアップで忘れてはいけないスポンジの洗い方

メークアップで忘れてはいけないスポンジの洗い方


美容のことを気にしているのに、メークアップのための道具が汚いままになってはいませんか。
メークの汚れはもちろん、肌に直接使うものですから雑菌などが繁殖してしまうのも困ります。キチンと洗って清潔に使いましょう。

洗い方としては、スポンジ全体に水を含ませます。
洗うときには中性洗剤を使いますので、食器用の洗剤を使用しても構いません。
専用のクリーナーもありますし、普段使っているクレンジング剤を使用するという方法もあります。

または専用クリーナーを使用します。クレンジング剤はもともとファンデーションの汚れを落とすものですから、スポンジに付いたファンデーションを浮かせて落とすことができます。
専用クリーナーは、汚れを落とすだけでなく、清潔に保つ効果が加えられているものもあります。

コストのことが気になるのなら食器用洗剤を使えばよいですし、肌のことが気になるのなら、専用クリーナーやクレンジング剤を使用すると良いです。
中性洗剤は全体に馴染ませます。
手で充分に馴染ませた後に、ぬるま湯でよく洗いましょう。

[ads]

洗剤を付けたあと、しばらくそのまま置いておくと汚れ落ちがよくなります。
洗剤でファンデーションの汚れを揉み出すようにして洗うと汚れが落ち易くなります。

力を入れすぎるとスポンジそのものが傷んでしまいます。傷まない程度の力で洗いましょう。
汚れがひどくてなかなか落ちないときには、繰り返し洗っていきましょう。

もともとファンデーションや化粧下地などの汚れは落としにくいものです。
色が多少残っていても、そこまで気にすることはありません。

美容のためには清潔にすることが大切ですから、ファンデーションの汚れそのものを落としきるまで頑張る必要はありません。
ただし、洗剤が残ってしまうと肌への刺激になりますし、スポンジの傷みにも繋がります。洗剤のすすぎ残しがないようにしっかりとすすぐようにしましょう。

スポンジが汚れたままですとメークアップもキレイに仕上がりません。
残った化粧品の油分が酸化したり、雑菌が繁殖したりもするので、不潔にもなります。

肌に直接使うものですから、不潔では美容のためによくありません。
スポンジは毎日、清潔なものを使うようにしましょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓