ノンアルコールやアルコール入りの化粧水でのスキンケアの効果と役割

スキンケア
Pocket

化粧水の中にはノンアルコールとアルコール入りのものがあります。
この2種類にはメリットとデメリットがあります。

ノンアルコールの化粧水のメリットは刺激が少ないことです。
アルコールは肌には刺激が強く、乾燥肌などの敏感肌の方には合っている化粧水とはいえません。

そのため、敏感肌の方にはノンアルコールの化粧水が最適といえます。

しかし、デメリットもあります。
化粧水にアルコールを入れる目的の一つに防腐剤の役割があります。

化粧水の中には様々な美容成分が入っています。
この美容成分を長く効果的に使用するためにはこの防腐剤はとても重要です。

そのため、化粧水を使いきるのに時間がかかるという方はアルコール入りの方が合っているといます。
どちらの化粧水もメリットとデメリットがあります。
成分が効果をしっかりと発揮するためにはアルコールのような防腐剤は必要になりますが、その防腐剤によって肌にダメージを与えていては意味がありません。

敏感肌の方にお勧めのスキンケア方法としては、ノンアルコールの化粧水でスキンケアをして、その化粧水を短期間で使いきることです。
そのためには化粧水の容量が短期間で使いきれるような商品を買うか、冷蔵庫などで保管することが大切です。
冷蔵庫のような食品を保管できる場所で保管することによりアルコールが入っていない化粧水でも成分を長く保つことができます。

太陽の光が差し込むような窓辺などに置いていると美容成分の劣化が進み、効果が期待できません。

ただ、アルコールの入っている化粧水が肌に刺激が強いといっても、敏感肌でない通常の肌の方には問題なく使える化粧水です。
そのため、アルコールの入っている化粧水の方が管理が楽で、長く美容効果を保つことができる商品です。
化粧水選びでは自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

ノンアルコールもアルコールの入った化粧水もそれぞれメリットやデメリットがあり、自分に合った化粧水を選ぶことで美容効果が高まりスキンケアが楽しくなります。

ピックアップ記事

関連記事一覧