ダイエットで綺麗なボディを作るには下半身が重要

ダイエット

美容の為にダイエットを行う場合に、綺麗なボディを作るためには、下半身を鍛えることが重要になります。
ダイエットでは消費カロリーを増やすことも大切ですが、何よりも体脂肪を燃焼させる必要があります。

そのためには成長ホルモンの分泌量を増やすことが有効なのです。
成長ホルモンには、大きな筋肉を刺激すると分泌されやすい、という性質があります。

脂肪を燃焼させるために役に立つ成長ホルモンを分泌させるためには、下半身を鍛えることが有効なのです。
下半身には全身の筋肉の約七割があります。

そのため脚を鍛えるトレーニングを行うことは、効果的に成長ホルモンを分泌させることに役に立ってくれるのです。
下半身を鍛える場合には、ジョギングやランニングなどの有酸素運動よりも、スクワットなどの無酸素運動が適しています。

無酸素運動により、しっかりと乳酸を分泌させることにより、成長ホルモンの量を増やすことができるのです。
これによりしっかりとしたラインを作り出すことが可能なのです。

成長ホルモンを分泌させることは、美容においても役に立ってくれます。
成長ホルモンは細胞の再生や修復を行うために、分泌量が不足しているのならば、どんどん体が老化してしまうことになるのです。

逆にしっかりと分泌されているのならば、どんどん新しい細胞が作られるために、綺麗な肌を作り上げたり、また若々しい体を作るために役立ってくれるのです。

スクワットにより下半身を鍛えることにより、ボディを磨きあげられるのは、以上のように成長ホルモンを分泌させ、体脂肪の燃焼を促進してくれるからです。
そしてスクワットを行った後に、有酸素運動を行えば、さらに脂肪を効率良く消費させることが可能になります。

これらの相乗効果により、ボディを綺麗なボディを作ることが可能になるのです。

美容に加え、ボディを作るためには、このように下半身をしっかりと鍛え、そして成長ホルモンを作り出すことが鍵なのです。

ピックアップ記事

関連記事一覧