ダイエット中のアルコールは厳禁?正しいボディコントロール

ダイエット

アルコールは太るイメージが強いので、ダイエット中は厳禁だと思い込んでいる人も多いようです。

しかし、あまりにも節制し過ぎると続かなくなりますし、ストレスも溜まります。
ダイエット中であっても、工夫次第でアルコールを摂取しながらボディコントロールをすることは可能ですので、まずはどのような取り入れ方が良いのかを学ぶ必要があります。
アルコール摂取時に気をつけなければならないのは、食欲が増すことです。

飲み過ぎはもちろん避けなければいけませんが、飲酒によって食欲が増して食べ過ぎてしまうことにも注意が必要です。
おつまみを用意する際には、低カロリーのものにします。

また、飲酒後にラーメン等の炭水化物を食べたくなることがありますが、これは確実に体脂肪になってしまいますのでNGです。
ダイエットをしていない時でも体に良くありませんので、止めなければなりません。
飲んだ後にはしっかりと水分補給をし、おつまみを食べているなら少しの間起きている必要があります。
理想から言えば、食べた後2時間は起きていたいところです。

アルコールは太ると思われていますが、ビールや焼酎に含まれるアルコール自体のエネルギーは体に溜めることができませんので、すぐに消費されます。
ただし、糖質は蓄えられます。

そのため、蒸留酒を飲むようにすれば太る心配はありません。

ダイエットを成功させるためには、少しの節制は必要です。
規則正しい生活とバランスの良い食事が重要ですので、アルコールを摂り過ぎるのは良くありません。
しかし、普段から飲酒している人にとってはストレス発散の一つになっていることも多いので、飲み方を工夫して太らない方法を選択する必要があります。

飲み方に気をつければ、ボディコントロールは可能です。

ピックアップ記事

関連記事一覧