メークアップにはカラー選びも大切

メーク

毎年流行りのメーク術や色が出てきます。

流行を抑えることはとてもよいことで、人気の色やブランドを選ぶことでより自信が持てることもあるのです。
メークは女性にとって毎日欠かせないものでもあります。
仕事やプライベート、パーティーなどでメーク術を変えることで少し違う印象を与えることができるのです。

メークアップには好きな色だけを使えばいいというわけではありません。
カラーをしっかりと選んで使わないと統一感がなくなり、顔色が悪くくすんだり、疲れているように見えてしまうこともあるのです。

生まれ持った肌の色や目の色、髪の色など人それぞれ似合う色があり、パーソナルカラーで分けることができます。
ブルーベースとイエローベースがあり、そこからさらに明るめの色、少し落ち着いた色と分かれるため、大まかに4種類に分類されます。

自分に当てはまる色の種類を見つけ、統一感を出すことでより肌をきれいに見せたり、美しさをアップさせることができるのです。
メークアップではアイシャドウや口紅、チーク、ネイルなどにカラーが使われます。

また、ベースメイクでも自分の肌の色に合うものを選ぶことで肌がきれいに見えます。
ブルーベースの方はクールな印象のピンクやレッドを使ったり、イエローベースの人はオレンジやベージュ系が良く似合います。
また、ヘアカラーや服やバッグの色も統一することでより全体の印象が良くなり、色相による調和が出てくるのです。

色は普段から目にするもので、服やメークを選ぶ時も悩む人が多いのではないでしょうか。
残念ながら似合う色と好きな色が違う人もいるのです。

似合う色を知っておくことで選ぶ服やメークアップの方法も違ってきて、より輝く自分を表現することができるのです。

ピックアップ記事

関連記事一覧