30代を過ぎてからのスキンケアにおけるクリームの必要性とは

スキンケア

スキンケアというと洗顔、化粧水、美容液、乳液で済ませている女性は多いでしょう。

洗顔で汚れを落として乳液で角質を整え次の成分を浸透しやすくし、美容液で肌に必要な成分を補給、
そして乳液で肌にふたをして補給した成分や水分を閉じ込めるという一連の行為がスキンケアなのです。

確かに20代半ばくらいまでも若いうちはこれで事足りますが30代を過ぎるとこれでは役不足です。
というのは肌が乾燥するからです。

そこで利用したいのがクリームです。
乳液の後にクリームを塗ってさらに保湿を強化するのです。
保湿が美肌作りに欠かせないというのは意味があるのです。

細胞は細胞同士が直にくっついているのではなく細胞間脂質という物質によってあたかもレンガのようにくっついているのです。
この細胞間脂質は外部刺激から肌を守り、しかも肌内部の水分の蒸発も防ぐバリア機能を果たしているのです。
このレンガをつなぎとめる物質が不足すると、外部刺激から直にさらされ、しかも肌内部の水分が蒸発してしまうので、潤いが失われた乾燥肌になるのです。

そこでそれを防ぐために乳液などで肌にふたをするわけです。
この乳液で事足りる、クリームは必要ないのではと思われる方も多いでしょう。

もちろん乳液には肌にふたをする効果がありますが、クリームと比べると水分の割合が高いのです。
若いうちは肌自らの力で潤っているのでそれでもいいですが、歳をとるとそれでは足らなくなるのです。
クリームは水分よりも油分の方が多いので、年齢肌でもしっかりとした保湿効果を期待できるのです。

ただ、非常にオイリーなのでいきなり顔全体に塗るのは避けた方がいいかもしれません。
まずは特に乾燥する目元や口周りから始めるといいでしょう。ピンポイントで使うことでギラギラオイリー肌になることを防げます。

こういった理由からクリームの必要性は充分にあるのです。美容クリームのピンポイント使いで年齢に負けない潤い美肌に近付けるのです。

ピックアップ記事

関連記事一覧