ダイエット方法

ダイエット

ダイエットで意識したことやダイエット方法

ダイエットをする時に意識したことといえば、野菜をたくさん取り入れた食生活や、洋食よりも和食をチョイスするようにしたり、夜の遅い時間帯に食べ過ぎたり飲み過ぎたりしないことです。
野菜は非常に低カロリーかつ栄養豊富ですし、たくさん食べても太りづらく便秘解消にも効果があるのでダイエットに最適です。
ダイエット中の食事では、なるべく野菜をしっかり食べるようにしたり、食べ順ダイエットを意識して食事の最初はまず野菜から先に食べ始めるように心がけていました。
いきなりGI値が高い主食から食べ始めるより、GI値が低くて食物繊維豊富な野菜から食べ始めたほうが太りづらいと言われています。
また、先に野菜を食べておいたり、お味噌汁やスープなどの汁物を飲んでお腹を満たしておくと、主食の食べ過ぎを抑制できるのでダイエットに効果的でした。
洋食も好きですが、ダイエットをするならばヘルシーで素材の味を活かしやすい和食はとてもおすすめです。
主食のお米もパンやパスタより低脂質で腹持ち良好ですし、和食は洋食や中華などと比べると比較的カロリーを抑えやすいです。
また、ダイエットをして思うことは夜遅くに食べたり、夜食を食べ過ぎるとかなり太りやすくなるということです。
カロリーが高めなものを食べたい時は、夜よりも昼間や朝がおすすめです。
夜は糖質をあまり取り過ぎないように気をつけたり、寝る前の3時間以内にはあまり食べないようにするため、夜ご飯の時間を早めにするよう心がけた結果、無理なくダイエットに成功することが出来ました。

簡単に出来るレコーディングダイエット

ダイエットをしたい!
そんな気持ちを持ちつつ何年も経過してしまったことはないでしょうか?
明日から明日からと思いつつ毎日が過ぎてしまう、そんな経験は誰にでもあります。
もしもダイエットを成功させたいのなら一つの方法に絞ることが一番大事です。あちこちと手を出してしまったら結局何も成功出来ない羽目になってしまうでしょう。
たくさんあるダイエット方法の中でも私がオススメしたいのはレコーディングダイエットです。少し前に流行っていたので名前だけは聞いたことがあるかもしれませんね。
具体的なレコーディングダイエットの方法ですが、その名前の通り記録をするだけなのです。食事制限などは一切なしです。簡単に思えませんか?
まずは体重と食べたものを全てノートに書き出していきます。
ここで大事になるのが全て書くことと、食べたその時に書くことが重要になってきます。「めんどくさいから後で書こう」などと思っていては成功しません。最初に書く習慣を身につけることが大事になってきます。正直なところ、これが出来るようになればダイエットが成功したと言っても過言ではないでしょう。

次にすることは、食事のカロリーと体脂肪率を記入していきます。
正直、ここにくるとめんどくささを感じてしまう人がいるかもしれませんが、この壁を乗り越えることで体重が減っていることに気づくでしょう。
レコーディングダイエットは誰にでも出来る方法です。しかし実際にやるかやらないかで差が出てきます。今ではスマホのアプリなども出て、さらに簡単に出来るので、ぜひとも試してみてはいかがでしょうか。

女性に流行の酵素ドリンクダイエットに挑戦

仕事に大きなストレスを感じて、やけ食いドカ食いを繰り替えているうちに、二ヵ月ほどで五キロも太ってしまいました。
元々甘いものが大好きで、朝からケーキとか食後のアイスクリームとか、三時のおやつ以外にも甘いものを食べまくっていたので、それが更に加速して付くべくして付いた脂肪なんだよなあと、お腹のお肉を摘みながらため息しか出ませんでした。
さすがにスカートのファスナーがはちきれそうになっているのを見て、これはマズイとダイエットを決意しました。

食事はどうにか低カロリー食を心がけるようにするとしても、運動は大の苦手です。食事だけで痩せられるのか大いに不安だったので、いい方法はないかとネットで検索をして見ることにしました。綺麗に痩せられる方法は、と調べていくと、女性に人気の酵素ドリンクというのがやけに目に入りました。
ファスティングという食事を置き換える方法で、短期間で三キロも四キロも痩せられるという口コミを見て飛びついたのは言うまでもありません。

早速届いた酵素ドリンクを炭酸で割って飲んでみると、ちょっと癖のあるフルーティーなジュースといった感じで、甘いもの好きな私にはとても飲みやすい味でした。これを一日一回夕食の代わりに飲むようにして、まずは一週間頑張ってみることにしました。

結果はもっとお腹がすくのかと思った置き換えも、程よい満腹感が得られるドリンクのおかげでそれほど気にならず、無事にマイナス二キロの減量に成功です。ただ、長時間続けるダイエット方法ではないな、きちんと食事を摂って、ひと月に二回くらい置き換えるのがちょうどいいかもと思って、気長に続けてみることにします。

目標は元の体重マイナス五キロです。

色々なダイエットを試した結果

私は今まで数々のダイエットを経験してきました。テレビやネットでいいとされているダイエットは一通り挑戦してきたのですが、残念ながら意志が弱く、なかなか続けることができませんでした。
そんなある日、たまたまネットの記事で踏み台を使ってダイエットするという記事に出会いました。いつもそうなのですが、ダイエット方法を知った時は今度こそ続けて、痩せてやると意気込むのです。その時もそうでした。今度こそ痩せようと固く決意しました。
踏み台を使ってどのように運動するのかというと、踏み台を昇ったり降りたりするだけです。自宅に階段があれば階段でやっても問題はないと思います。私の場合は家にちょうどいい高さの踏み台があったので、早速それでやってみました。
初日に20分程度やったのですが、思っていたよりも、きつくて驚きました。翌日には、しっかりと運動した後と一緒で、軽い痛みすら感じていました。想像以上に筋肉を使っている。そう思うと、効果に期待することができました。
ただ、問題は続けられるかどうかでした。効果はある程度、初日から実感することができたので、何とかこれを継続させていきたい。そんな風に思い色々考えました。
踏み台を昇り降りするだけなのだから、他に意識がいっていてもいいと考えた私は、テレビを見ながら運動をしてみることを思いつきました。そして実際にテレビの前に踏み台を持っていき、テレビを見ながらやってみました。筋トレなどは、きつすぎてテレビどころではなくなるのに、踏み台の昇り降りはちょうどいい運動強度で、テレビから意識が離れることなく、たんたんと続けることができました。
それから今まで、この方法で何とか続けられています。体重の方は4キロ減りました。そして、体重の減少より嬉しいのが、体が引き締まって、減った体重以上に痩せたと思われていることです。
これが、私が今まで試した数あるダイエットの中でも、一番お勧めしたいダイエット方法です。

ダイエットのサポートにソイプロテインを

ダイエットなどで無理な食事制限をすると、タンパク質が不足してしまう事があります。タンパク質は私たちの体を作る大切な栄養素です。食事から摂るタンパク質が不足した場合、生きていくのに必要な内臓の修復に優先的に消費されてしまいます。そうなると肌や髪を修復する分のタンパク質が足りなくなってしまいます。無理な食事制限で理想のプロポーションを手に入れても、肌や髪がボロボロでは綺麗になったとは言えません。

なのでダイエット中でも脂肪分の少ない赤身の肉や鶏のささ身、豆腐屋や納豆などの大豆製品は積極的に摂りたいものです。自炊が難しく、なかなか理想の食事がとれないという人もいるでしょう。忙しい人には「ソイプロテイン」が手軽でお勧めです。プロテインというとマッチョな男の人が飲むものというイメージが強いですが、ソイプロテインは豆乳から脂質を取り除いて作ったものなので、高たんぱくでカロリーの低いダイエット向きのプロテインです。もちろん筋肉がムキムキになったりもしません。

ソイプロテインはゆっくり吸収され、消化も良いので胃腸への負担も少ないです。大豆なのでイソフラボンも摂取でき、美肌作りや女性のホルモンバランスをサポートしてくれます。食品なのでいつ飲んでもいいのですが、ダイエットのサポートとしてなら食事の前や小腹が空いた時に飲めば食べ過ぎを防いでくれます。また運動の前後にプロテインを飲むことで代謝を上げ太りにくい体を作ってくれます。綺麗な肌や髪のために飲むのならば夕食後がいいでしょう。人は夜寝ている間に成長ホルモンが分泌されて体の修復を行います。そのタイミングで充分なたんぱく質を補えば、肌のターンオーバーも正常に行われるようになり、美しい肌を保つのに役立ちます。

ダイエットにはジャスミンティーがお勧め!?

ジャスミンティーは緑茶やウーロン茶にジャスミンの香りをつけたものです。最近ではダイエットや美容に効果があると注目を集めているようです。
ジャスミンティーには美容と健康に良いビタミンCやビタミンE、ミネラルが豊富に含まれており、ダイエット中の飲み物に最適です。特にビタミンCが多く、ジャスミンティー三杯でリンゴ一個分のビタミンCを摂取することができます。
またジャスミンティーに含まれるカフェインやタンニンがダイエットの強い味方になってくれます。
まずカフェインには脂肪の燃焼を促すリパーゼという酵素が含まれています。リパーゼは脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解し、燃焼させます。運動の30分前にジャスミンティーを飲むことで脂肪の燃焼を促すことができます。
またポリフェノールの一種であるタンニンには、食事と一緒にとると脂肪の吸収をおさえたり、カフェインと同じように脂肪が燃焼するのを助ける働きがあります。利尿作用もあるので、むくみの防止にもなります。
またジャスミンティーの香りは脳を刺激し、自律神経の緊張を緩和してくれます。つまり緊張を和らげ、気持ちを落ち着かせてくれるので、ダイエット中のストレスによる過食を防いでくれるのです。女性ホルモンのバランスを整える作用もあるので肌にも良く、生理中のイライラや体調不良も緩和してくれます。

最後に、ジャスミンティーはダイエット中の飲み物としてお勧めですが、カフェインやタンニンが多いので飲み過ぎには注意しましょう。カフェインの摂取をおさえたい場合には緑茶ベースのジャスミンティーがお勧めです。

糖質制限ダイエット

美容を気にかけておられる女性の間で最近、美容と同時に健康にも気を遣う方が増えてきましたね。みなさん様々な美容健康法を試しておられるようですが、最近ひそかなブームとなっているのが、糖質制限を取り入れたダイエットです。
ちまたですでに人気のダイエット法になっており、特に中高年の体脂肪を気にする方を中心に効果を実感しておられる方が多いようです。ですが、このダイエット法が実は美容にも効果あり、ということをご存じだったでしょうか?
糖質制限の仕組みを簡単に説明しますと、基本的に血糖値を急上昇させる糖質の摂取を控えるダイエット法です。そしてその効果ですが、単に体重増加を防ぐ、脂肪を減らす、といった効果だけでなく、糖質制限をすると血液がさらさらになり血流がよくなる、という効果もあるそうです。そのため体全体の血液循環が髪や肌といった部分にまで影響を及ぼし、結果的に美容につながるというわけなんですね。
実際に試した方の中には、糖質制限を始めてから体の変化より、お肌の変化の方が先に現れた、という方もおられる程です。不思議ですよね。
ただし、この糖質制限で食生活に大幅な変化が起きますので、逆に便秘になったりお肌が不調になったりする人もいるようです。体が急激な変化についていけない状況ですね。それで、糖質制限ダイエットを始めたい方には、まずはゆるい糖質制限食から始めることが薦められています。
いかがでしたか?これまで夫には糖質制限を取り入れ、自分と子どもは普通に食事しておられた方が多いかと思いますが、今後はぜひ一度、家族みんなで糖質制限ダイエットに取り組んでみられませんか?

忙しい人にこそオススメのスロージューサーを使った手作りジュースダイエット

日差しがきつい日はお肌のケアには気を使いますよね。
とはいえ忙しい毎日で、健康や美容に気をつけたいけど時間も余裕もない、そんな方も多いのではないでしょうか?そんな、忙しい方にオススメの美容法が、スロージューサーを使った食物酵素たっぷりの手作りジュースダイエットです。

最近は様々なメーカーがスロージューサーを販売しているので、値段も少しは買い求めやすくなってきました。とはいえ、高速ジューサーやミキサーで代用したいと思われる倹約家の方もおられるとは思いますが、ここは是非健康と美容への投資と考えて、妥協はしないでくださいね。
しかも、一台あれば家族みんなが恩恵を受けれるわけですから、家族の健康への投資という風にも考えられます。

どうしてそこまでスロージューサーでの手作りジュースダイエットをおすすめするかといいますと、やはり生きた酵素をほぼそのまま取り入れられるというのが一番のメリットです。

他のジューサーやミキサーで作ったジュースが栄養や酵素が全くないという訳ではありません。それなりに栄養は取れるはずです。
ですが、スロージューサーは刃の回転がゆっくりな分熱で酵素が破壊されることなく、より多くの酵素を取れることになります。それに、繊維質をしっかり分離してくれるため、腸にかかる負担が少なく、しっかりと栄養分を吸収できるメリットもあります。

最近は洗い物の負担を考えた、分解しやすく洗いやすい製品も出ているようですので、忙しい方でも手作りジュースに挑戦しやすいかもしれませんね。

健康的にダイエットするためには

ダイエットと健康の両立を叶えることは美容への近道ですが、健康的にダイエットを楽しむためには安易に食事制限のみに頼りすぎてしまうのではなくて、運動を取り入れたダイエットを行うと効果的です。
私は健康増進とダイエットの両方の目的を満たすため、定期的にスポーツジムに通っています。
最近は24時など遅い時間まで営業しているスポーツジムも非常に増えてますし、スポーツジムはサウナや温泉などが利用できるケースも多く、むくみ解消のための場所としても非常におすすめです。
運動すると汗をかけるのでむくみもすっきり軽減できます。
食事を減らすと栄養バランスが乱れたり体調不良の原因にも繋がるので、ある程度食事を減らしすぎないことも大事です。
カロリーは最低でも基礎代謝を下回らないように心がけたり、ダイエット中はタンパク質が不足しがちですが赤身のお肉や白身の魚や豆腐などヘルシーなおかずでタンパク質を補い様に意識した結果、やつれることなくダイエットに成功する事が出来ました。
ダイエット中はお肉を拒んでしまう人も多いですが、皮のない鶏胸肉やささみは非常に低カロリーかつ今タンパク質なので安心です。
また、カロリーが高そうなイメージの有る豚肉ですがヒレ肉なら100gあたり115カロリー程度とかなり低カロリーですし、脂身を剥がすだけで大幅にカロリーカットすることが出来ます。
スポーツジムで軽く歩いたりヨガのレッスンを楽しむ習慣をつけてからは、体重よりも見た目が引き締まってボディラインにメリハリが少し生まれましたし、以前より体力が付いた気がします。

ダイエットと健康の両立を目指しています

若い頃は無理なダイエットをすることもありましたが、結果的に長続きせずリバウンドをしたり、体調を崩して美しく痩せられなかったので、現在はただ見た目だけにとらわれすぎず健康も意識したダイエットを心がけています。
食事を抜いたり極端に低カロリーに走るのではなく、なるべく欠食しないようにしたり、食事だけでダイエットをコントロールするのではなく、健康増進や体力づくりも兼ねて運動を取り入れてダイエットを楽しむようにしてます。
多少食べ過ぎたり外食を満喫したとしても、帰り道に少し遠回りをしてみたり、タクシーやエスカレーターを使う頻度を減らして歩く時間を作ったりすることを心がけています。
私はマンションの10階に住んでいるので、食べ過ぎた日や飲み会の日の帰りはエレベーターを使わず階段で部屋まで戻ることもあります。
ダイエットは無理なく続く日々の習慣作りも大事なので、定期的に体重を測るように気をつけたり、スポーツクラブへ週に一度程度行ったり、自宅でステッパーを踏んだりして体を動かす日を作るようにしています。
スポーツクラブは雨の日や紫外線が強い日でも何も気にせず、快適な温度や環境で楽しく運動を楽しめたり、スタイルが良い人が多いので良い刺激を受けられるメリットがあるので、ダイエットの挫折防止にも効いている機がします。
健康を叶えるためには栄養に気を配ることも大事です。
美容に良いとされるヨーグルトや野菜はなるべく毎日食べるようにしたり、夜食や間食はあまりしないようにして健康維持を図っています。

食事制限で失敗してしまったダイエットをランニングで再挑戦

これまで何度もダイエットにチャレンジしてきました。
運動や食事制限によるダイエットを実践してきました。
年齢が30歳近くになると新陳代謝が衰えてきて中々体重が落ちなくなってしまいます。
昔だったら少しランニングをしただけで沢山の汗をかき、体重もすぐに落ちたのですが、最近は中々思うようにいきません。
友人からおすすめのダイエット方法を教えてもらいました。
それは炭水化物を抜くという方法です。
炭水化物はすぐに脂肪になってしまうので、とても太りやすい食べ物らしいのです。
という事で、パンやお米、麺類は極力控えるという炭水化物ダイエットを開始しました。
2週間位が経過した頃には体重は2キロ減っていたので、確かに効果を実感することができました。
しかし、これまで毎日食べてきた主食を急にやめたのでストレスが溜まってきてしまい、ある日突然食べないと居てもたってもいられなくなり、これまで以上に炭水化物を食べてしまいました。
体重は当然増え続けてしまい、結果として、ダイエットを始めた時よりも太ってしまいました。
食事制限のダイエットは向いていないという事がわかりました。
運動をするしか方法がないと思い、今度はランニングを行うことにしました。
ランニングシューズも購入してダイエットに励みました。
毎日はさすがに続かないと思ったので、週に3日というルールを決めて頑張ることにしました。
何とか今でも続けていますが、今度こそ途中でリタイヤしないように継続していきたいと思います。

レコーディングダイエットをやりました

実際に痩せるためには、どのようなダイエットをするのが自分にとって一番いいのかを、結構長い間考えていました。
まず糖質制限ダイエットというものはどうかと、少し考えてみましたが、糖質は脳にとって大事な栄養素ということなので、日頃の活動に支障をきたすのは、良くないと思ってやめておきました。
他に考えたものとして、激しい運動をして痩せるということですが、これは長期間続けていくのは、難しいのではないかと思い、やりませんでした。

厳しい糖質制限も、激しい運動も嫌いな怠惰な自分でも出来そうなダイエット法がないかと色々と探した結果、レコーディングダイエットというものがいいんじゃないかと思って、始めようと思いました。
レコーディングダイエットは、日々の食事のカロリーを記録して、自分の食生活の状態を詳しく把握することです。そうすることによって、自分がカロリーを摂り過ぎていることなどが分かって、それを改善しようとすることにも繋げられるのです。
レコーディングダイエットを始めてから、毎日今日は何を食べたか、またその食べたもののカロリーは、どのぐらいかをインターネットを使いながら、地道に書き記していきました。
そうすることで見えたことは、間食を少し多くしすぎているかなということです。また、記録をするのは逐一行わなければならないので、間食をする度に書き記すというのは面倒もあって、自然と間食も減り、体重も減っていったのです。レコーディングダイエットは、自分には効果的なダイエット法でした。

ピックアップ記事

関連記事一覧