ダイエット方法

ダイエット

ダイエットは誰でも関心があると思いますが、私のおすすめのダイエット方法は、食事制限と運動を組み合わせたダイエットです。
食事制限といっても、基本的には食事の量を見直すということです。年齢をかさんでくるとどうしてもお腹周りにお肉がついてきたりしますが、その原因を良く考えてみると、若い頃と同じように食事の量を食べ続けていることが考えられます。
悲しい現実ですが、年齢を重ねるにつれて体が消費するエネルギー量は落ちていって、筋肉の量も落ちていってしまうので、若い時と同じ量を食べ続けているとどうしても体の中にエネルギーが消費されずに蓄積されて、脂肪となってたまっていってしまいます。

これを防ごうと思えば、体が消費できるエネルギー量に摂取する食事の量を調整すればいいということになります。
毎日の食生活を良く見直してみると以外に食べ過ぎているということもよくあるので、摂取する食べ物の量をおかわりしていたのをやめるといったことをするだけで、調整することができるといえます。

また、体が消費するエネルギー量を高めるために運動をするのもベストです。
私は1日30分のランニングをしていますが、ランニングを始めてからお腹周りの贅肉がかなり絞られて細くなるのが実感できました。
若干筋肉がついてきますが、筋肉もエネルギーを消費するには必要なものですから、体の代謝が向上しているといえます。食事と運動をあわせれば効率的にダイエットが出来るといえます。

糖質オフダイエット

糖質オフダイエットをするときに、すべて糖質を食べないようにしていても思わぬところに糖質という敵は潜んでいることがあります。
よくダイエッターはダイエットと健康管理のために野菜ジュースを朝ごはんがわりにしている人もいますが、起床した直後の空腹の胃に野菜ジュースを投入すると返ってダイエットに良くないのです。
なぜかというと、理由は二つあります。
野菜ジュースは、実は割と糖質が多いジュースだということと、その糖質を空腹時に摂取することで血糖値が高くなり脂肪をつけやすくなります。
市販されている野菜ジュースの多くには、砂糖が含まれており、砂糖と書かれていなくても果糖が入っていることもあるのです。
また、それだけではなく野菜自体にも多くの糖質が含まれていて、それを何も食べていない胃に流し込むのは急激な血糖値の変化を招くためダイエットにおすすめできません。
私も野菜ジュースダイエットをしていたとき、朝はだるいし野菜ジュースが手頃だったし飲んでいたのですが全然痩せることはできませんでした。
食べる順番ダイエットであるように糖質は食事の最後に順番を置かないと、返って太りやすい原因を作ってしまうことになるのです。
それでは、手軽な野菜ジュースで糖質オフダイエットをしようとする人はどうしたらいいのでしょうか。
それは、野菜ジュースだけを摂取するのではなく、野菜ジュースの前にたんぱく質を少しでもいいので食べることです。
私は卵料理や納豆などを食べるようにしていますが、とにかく野菜ジュースを空腹時に一番最初に摂取しないということを決めるのが大切です。

ダイエットと上手く付き合うために

スタイルをキープしたり、今よりも素敵な体型を手に入れたい時に、ぜひ頑張りたいことといえばダイエットです。
美容のためダイエットを意識する人は多いですが、ダイエットは続けるのが結構難しく、私の場合はこれまでに挫折してしまいリバウンドしてしまうことも時々有りました。ダイエットでせっかく痩せてもリバウンドすると勿体無いので、日々の中で無理なく続く習慣でダイエットするようにしています。
日常生活の中で歩く時間をいつもより意識的に増やしたり、食べ過ぎた日は運動をしたり、食事を食べる際には野菜や汁物から最初に食べ始めるようにする食べ順ダイエットを心がけています。
エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を選ぶようにしたり、車を使わずに歩いてコンビニやスーパーまで出かけたり、些細なことが健康増進やダイエットにつながります。
また、ダイエットのモチベーションを維持させたいなら、定期的に体重を測る習慣をつけたり、タイトなサイズや痩せたら着てみたい洋服を準備しておくのも効果的です。
ダイエット中、私が意識したことは夜遅くに食べ過ぎないように心がけたり、間食を控えるようにしたり、スイーツや揚げ物はあまり食べ過ぎないことです。
また、時間があればジムへ行くなどして積極的に身体を動かした結果、三ヶ月で3kg痩せることが出来て嬉しかったです。
寝る前など夜遅い時間の飲食や、脂っこいものなど高カロリーの食品の食べ過ぎはダイエット中は避けたほうが安心です。

ダイエット中のお肉との付き合い方

ダイエットというと、とにかく食べる量を減らしてカロリーを制限すると考える人が多くいます。
摂取カロリーを少なくするためにはなるべく高カロリーのものは食べない、特に焼肉やステーキなどの肉類はもってのほか、と思うのはダイエット中の人にとっては当たり前の考えともいえます。
しかし必ずしもダイエット中は肉類厳禁というわけではありません。
むしろカロリー消費を増やす適度な筋肉を作るためにお肉に含まれるタンパク質は必要ですし、豚肉多く含まれるビタミンB1は効率の良いエネルギー生成を助ける役割を果たします。
なので、ダイエット中こそ適度にお肉を食べる必要があるのです。
ダイエット中のお肉料理との付き合い方でポイントになるのが、脂質のカットです。
お肉料理のカロリーの高さは主に脂質の多さが原因です。
ほんの30g程度の脂身にご飯茶碗一杯分のカロリーが含まれています。
なので、ダイエット中はできるだけ脂身の少ない部位を選んだり、脂身部分を取り除いたりしてから食べることを心がけなければなりません。
また、ダイエット中の方に特にオススメのお肉は羊肉です。
羊肉には脂肪の燃焼を促し、筋肉の組成を助ける「L-カルニチン」という成分が多く含まれています。
適度に筋肉を維持しながら脂肪だけをどんどん燃やしてくれるのでダイエットに大助かりです。
ダイエット中はお肉厳禁!と、かたくなにお肉を食べないことは体力の低下などにもつながります。
お肉との上手な付き合い方を学び健康的な体を維持しながらダイエットに取り組みましょう。

粉寒天でお手軽ダイエット

ダイエットをするためにご飯を少なくしたら、便秘気味になってなんだか活力が湧かなくなってしまった、ということがあります。
毎日の食事の量を減らせばそれだけ摂取カロリーも減るため脂肪を消費しやすくなると考えがちですが、何も考えずにただ単に食べる量を減らしてしまうと体の機能を維持するために大切な栄養素まで不足してしまうため逆に太りやすい体になってしまうこともしばしばあります。
特に最近では糖質制限などといってご飯をほとんど食べない、という人も増えてきました。
ご飯にはエネルギー源となるデンプンが含まれているだけでなく、老廃物の排泄を促す食物繊維も多く含まれています。
ご飯を食べないことによってカロリーはカットできるのですが、一方で食物繊維の不足による便秘などを引き起こしてしまうこともあります。
食物繊維が足りないのならばその分野菜を多く食べればいいではないか、と考える人もいるかと思いますが、野菜だけで足りない食物繊維を補おうと思っても結構無理をして野菜を食べなければ補いきれません。
そんな時におすすめなのが、粉寒天を用いたダイエットです。
粉寒天はノンカロリーでありながら食物繊維をしっかりと摂取できるためダイエット中には特に活用したい食品です。
ティースプーン一杯程度の粉寒天を飲み物に溶かして飲むだけで一日に必要な量の食物繊維を手軽に補うことができるので、ダイエットのために食事の量を減らし気味でお通じが来ない、という人はぜひ活用してみるのがオススメです。

筋トレだけでダイエット

有酸素系の運動が大嫌いなので、ダイエットしようとするといつも挫けて挫折していたのですが、あるスポーツ雑誌の影響で、筋トレだけでやるダイエットに挑戦し、理想のプロポーズを実現することができました。
以前、ダイエット目的でスポーツジムに通っていたのですが、バイク漕ぎやウォーキング、ランニング、ステップマシンなどで、長時間運動することがとても苦手でした。今は違う説もあるようですが、その頃は、有酸素運動を始めてから20分でやっと脂肪が燃え始めるということが常識になっていて、20分でさえ相当キツイのにそれ以上運動して、しかもたいして効果がないことから、4カ月で辞めたことがあります。その時に少し筋トレもやっていたのですが、短時間で終わることと、いろいろなマシンを順番に使うことで、飽きなかったこと、翌日筋肉痛が来るので運動したという実感がもちやすかったということから、有酸素運動よりもずっと好きでした。
筋トレだけでダイエットに挑戦するために、今回もジムに入会しました。家でできる筋トレもよく雑誌などで紹介されていますが、本当に正しい姿勢でやらないと意味がないと思ったのと、モチベーションを維持するのに一人では無理だと考えたからです。ジムのスタッフは、全てのマシンを使う適切な姿勢や筋肉の意識の仕方、私に合った強度と回数、週何日やればよいか、栄養の摂り方はどうすればよいかと、聞くと何でも教えてくれました。それに従って筋トレのみを週3回2か月やり続けた結果、体重は2kgほどしか替わりませんが、脂肪が減って筋肉になり、体型が別人のように変わりました。
その人の運動の好みにもよるのでしょうが、有酸素運動を全くしなくても、筋トレだけで痩せることができて、とても満足しています。

お豆腐はダイエットの味方!夕飯の主食を抜いてみましょう!

今はやりの、糖質制限ダイエット。私には続かなさそう……そう思っていませんか?
糖質を、まったくとってはいけないというわけではないのです。たとえば、夕飯時に白いご飯を抜く。これだけでも十分なダイエット効果が期待できます。(朝や昼はご飯もパンも普通に食べてOKです)
それでもキツイ! と思われるかもしれません。ですが、おかずは、お腹いっぱい食べてもいいのです。やっぱりお米も食べたい、とお思いでしたら、オススメのレシピがあります。
まず、絹ごし豆腐を崩します。そこに納豆と、刻んだネギ、お好みで卵黄を加えてめんつゆをかければ、主食を食べている気分が味わえます。
一般的に、白い食べ物は太りやすいといいますが、豆腐なら一丁まるまる食べてもヘルシーです。
ダメ押しで、運動も行えば、美しくシェイプアップできるでしょう。こちらもキツイ運動でなくて構いません。大切なのは、メリハリをつけること。たとえばウォーキングなら、スマホを見ながらではなく、早足で腕を振ってキビキビ歩くこと。これだけで、運動効果には雲泥の差があります。お気に入りのウェアを着て、好きな音楽を聞きながら楽しく歩きましょう!

ほかに、運動でオススメなのは武道です。それこそキツイんじゃない!? と思われるかもしれませんが、武道は下っ腹を意識しますので(丹田といいます)短時間でも集中してやれば、ウエスト周りのお肉を落とす効果が期待できます! 汗もたくさんかきますよ!
努力は必ず報われます! まずは夕飯の白いご飯、お豆腐に変えてみませんか?

ダイエットは無理をせずにゆっくりと

ダイエットと一言で言っても、自分に合う方法でやらなければ効果は出ませんし、続けるのは大変です。
私はダイエットのためにひたすら運動をしていた時期がありますが、それが裏目に出て膝を痛めてしまいました。
それからは、食事を減らしたりするなど、地味なことを長期に渡って続けるようになりました。
膝が治ってからは、無理をしない程度の運動をするようになりました。
中々痩せずにやきもきしましたし、もっと楽な痩せ方があるのではと何回も思いました。
ですが、また膝を壊す可能性もありましたし、別のところを怪我しない保証なんてありません。
イライラしましたが、ここは耐えようと思いました。
ですが、人とはいつの間にか慣れていくもので、そのイライラも段々収まり、穏やかに過ごせるようになりました。
食事も以前ほど無茶苦茶に食べなくなったせいか、体も軽くなりました。
体重も結果的には5kgほど減ったのですが、ここまで何ヶ月かかったのか全く覚えていません。
少なくとも半年はかかったと思います。
そこそこ長期だったせいか、痩せた感覚はあまりありません。
あまりにもゆっくり痩せすぎたのでしょう。
ですが、そのおかげか体に悪い影響は全く出ませんでした。
食欲もダイエット中のまま維持できています。
戻ることがなく、安心しています。
ダイエットが終わったからといって油断するのではなく、継続出来ることはしたほうが体にもいいですよね。
もうあのように太らないようにしたいものです。

青汁でヘルシーにダイエット

ダイエットに効果的な食べ物や飲み物って何だろうとまず頭に思い浮かびやすいのは青汁です。いろんなところで見かけます。スーパー、テレビショッピング、化粧品のカタログなど。青汁を飲むと総合的に健康になれそうです。野菜の摂取量はやっぱり限界があります。肉がメインとなってしまって基本的に食べる量は少なくなりがちです。青汁を飲むとヘルシーにダイエットできるだけでなく健康にもいいです。

テレビ通販でもよく見かけます。産地の紹介なども多いです。南の方では九州、屋久島も。原料は大麦若葉。青汁では欠かせない植物です。キャベツやきゅうりと一緒に普段はなかなか食べないです。食物繊維やビタミンも豊富です。実際にどんなところで育っているかにこだわって選びたいです。リピートして毎日、飲むものだし選ぶのもまた楽しいですね。最近ではあまりにいろいろあるので目移りします。

青汁の飲み方としてはコップで一気飲みとかしたいですね。これも通販でよく見る光景です。飲んだら健康になった気分になれそうです。単品で飲むものと思っていましたが最近はいろんな飲み方、レシピもあるみたいです。乳酸菌(ヨーグルトなど)と一緒に飲むのもよりヘルシーです。朝ごはん、夕ごはんの一品の一つにスープにしてみたりもいいかもしれません。

青汁は苦くて飲みにくいイメージでしたが、ますます進化を遂げています。それに栄養素をより摂取しやすいように改良もなされているようです。農薬を使わない素材を使うなど安全にも配慮されています。

ダイエットを叶えるために

ダイエットを始めて、意識するようになったことは間食を減らすようにしたり、夜にカロリーを取り過ぎないことです。
寝る前など夜遅い時間帯に食べ過ぎると、どうしても脂肪を溜め込みやすくなると言われています。
夕食は主食の量を少し減らすことを意識したり、早めの時間帯に夕食を済ませておくようにしたり、お菓子やスイーツを控えめにしたら、徐々に体重を減らせました。
また、健康管理とダイエットの両立を叶えるには、ウォーキングやサイクリングなど無理なく楽しめる有酸素運動がおすすめです。
運動はストレス解消効果もありますし、カロリー消費量を増やせる効果も高いのでダイエットを叶えるには積極的に取り入れたい存在です。
運動を習慣づけるのは難しいイメージがありましたが、家の中で運動を楽しめるようにステッパーを買ったり、エクササイズ用に腹筋ローラーやフラフープを購入し、自宅でも運動を心がけるようにしてます。
筋トレを嫌う女性も多いですが、ダイエットのためにはスクワットや腹筋などの運動は非常におすすめです。
腹筋をする習慣を付けるようにしてから、出っ張っていてだらしなかったお腹も引き締まりウエストが細くなったので、美容のため定期的に腹筋ローラーでエクササイズをこなすようにしています。
私の場合はダイエットをする際は、洋食よりヘルシーな和食を選んだり、お肉を食べるなら脂身ではなく鶏肉のササミや豚の赤身肉などヘルシーな食材を選ぶ事が多いです。
料理のカロリーについて調べ、揚げ物など高カロリーなものは食べる頻度を減らしたり、食事の際には汁物を用意して満腹感を高めるなどの工夫でダイエットに成功出来ました。

のみ物の種類によってはダイエットを邪魔していることも・・・

人間のなかに蓄積されている水分は体重の60から80パーセントは水分だといわれていますが、ダイエットをしている人の中にはダイエットのために食べ物を控える代わりに飲み物だけ飲んで過ごしているという人もいるのではないでしょうか。
けれど、その飲み物の種類によってはダイエットを邪魔していることもあるのです。
野菜ジュースというと健康にもよくてダイエットをしている人にも人気がある飲み物ですが、100mlで30キロカロリーと意外に侮れないのです。
もし一日に人が必要な水分すべて2リットルを野菜ジュースで取ろうとしたら、600キロカロリーと軽い一食分になってしまいます。
野菜ジュースは糖質やでんぷんが多いので、カロリーが上がってしまいやすいのです。
また、アルコールもワインの赤で100mlで70キロカロリー、味噌汁も100gで40キロカロリーと、食べ物を食べないかわりに濃い味の飲み物を選ぼうとすると、カロリーが高いものが多いです。
それでは、ダイエットにベストな飲み物というのは何なのでしょうか。
もちろん水はカロリーがなくダイエットにはいいのですが、ダイエット中は味のある飲み物を飲んで気を紛らわしたいものです。
なので、低カロリーでダイエットに役立つ効果があるプーアル茶がいいでしょう。
プーアル茶はカテキン、ポリフェノール、リパーゼ酵素と脂肪を燃焼してくれるための成分が多く含まれています。
緑茶に比べてプーアル茶のほうがこれらの成分がたくさんあり、プーアル茶を選ぶ価値がダイエッターにはあるのではないでしょうか。

お金をかけずにプチ断食ダイエット

ダイエットをしたい、でもお金がない、高いダイエット商品も買いたくないというときに、オフの日に簡単に出来るプチ断食をしています。食べすぎが続いてちょっとだけ体重が気になるときに、二、三キロでいいから落としたいと思ったらこの方法で手軽に体重調節ができます。

断食といっても全く食べないのは危険です。専門家がきちんとついて行う断食合宿などもありますが、素人が自己判断で行っては健康を損ねてしまいます。食べないことで栄養不足状態に陥ってしまっては元も子もありません。ですので週末に二日から三日だけ、固形物を抜く方法で断食を行います。体内環境をリセットするプチ断食は、腸内環境が整うことで美肌効果や便秘解消にも繋がることで、女性にはとても人気のダイエット方法です。痩せるだけが目的ではなく、デトックス効果で全身の老廃物を排出できると、健康のために行っているかたも多くいます。気分もスッキリさせることができます。

土日がお休みであれば、金曜日の夜から日曜日夜まで、固形物を口にしないようにします。その間に水分の他にヨーグルトやグレープフルーツを食べて過ごすのですが、じっとしていては余計に食べ物のことが頭をよぎってしまいますので、活動的に過ごすことをお勧めします。月曜の朝に胃腸をビックリさせないように、おかゆなどの優しいものを口にしながらゆっくりと通常の食事に戻していきます。これだけで二キロほどはストンと落ちてしまいます。

体内環境リセットのために月に一度行っているかたも多くいますし、様々なメリットがあるプチ断食は簡単に始められるダイエット方法です。

1年間の中でダイエットに向いている季節はいつなのでしょうか。

たくさん汗をかく夏場が痩せやすいというイメージを持っている人も多いようですが、最近では夏太りする人も増えてきています。
夏は暑いので冷たい氷菓子やアイスなど甘いものを口にする機会が増えることと、冷やし中華やそうめんなどしか食べる気がしないという人もいます。
また、オフィスや施設の密閉した中では冷房が効きやすいことから、夏でも室内温度は適温より寒いと感じている女性もいるようです。
炭水化物や糖分の過多、そして内蔵冷えにより、基礎代謝が衰えて夏にもかかわらず太ってしまうパターンも珍しくありません。
それでは、そんな夏太りを解消してスッキリする体になるために、どんなダイエットや予防が必要なのでしょうか。
まず、食生活を夏だからといって極端に変化させないことが大切ですが、そうはいっても難しいことです。
なので、例えばかき氷やアイスを食べるのならカロリーが低く糖質も少ないヨーグルトを食べたり、炭水化物や糖分ばかりでなく血や筋肉を作るたんぱく質を補い、筋肉量を減らさないことが大切です。
それと、夏場な夜も朝も暑くて運動不足になり、ダイエットのために運動することさえ億劫になりますし、気温が高く湿度が高いときの運動は健康を損ねることがあります。
なので夏は適温にエアコンで調節された室内運動をメインにダイエットをすると、熱中症になるリスクを抑えることができます。
室内運動として、ヨガやピラティスは運動スペースも取りませんし騒音もなく、マンションなどでも行っても大丈夫です。
ヨガやピラティスは、筋肉の繊維を古いものを新しくしてくれるストレッチ効果があり、消費カロリーを増やしてくれる筋肉量を維持するのに有効的です。

ピックアップ記事

関連記事一覧