デジタルパーマのヘアスタイルのいいところ、気をつけたいこと

ヘアスタイル

今やデジタルパーマは美容院のメニューの定番になりました。
ちなみに昔からあったパーマとはどう違うのでしょうか。

何といっても、デジタルパーマは普通のパーマに比べて、断然持ちが良く、しかも仕上がりがきれいです。

パーマですと、仕上がりに少々チリチリした感じが出るのですが、その点デジタルパーマはツヤを保ちながらウェーブやカールを付けることができます。

それから、縮毛矯正をかけている人が普通のパーマをかけると、やはりチリチリした感じが出やすくなりますが、
デジタルパーマでしたら縮毛矯正をかけている人でもきれいなウェーブやカールを出しやすくなります。

パーマをかける時の工程の違いはというと、普通のパーマはパーマ液そのものにパーマをかける働きがあります。
それに対してデジタルパーマはというと、途中でロットを巻くのですが、そのロットは電気で温度を調節することができます。

髪の傷み具合を見て、パーマを強くかけるか弱くかけるかなどは、その温度を調節することや薬剤によって決まってきます。
そうした熱を加えることで、髪の毛にウェーブやカールをつけることができますし、持ちも良くなります。

そんなデジタルパーマですが、熱を加えてヘアスタイルを作るということで、髪の毛にダメージが出やすいというのが気をつけたい所です。
頻度が高すぎると、髪がパサついたりごわついたり、きれいなウェーブやカールが出にくく、ヘアスタイルが決まりにくくなります。

一見ウェーブやカールが出にくくなったと思っても、髪の毛が半乾きの状態で、少量の髪の毛を指にクルクルと巻き付けながら乾かすことで、カールが出やすくなります。
デジタルパーマは、持ちの良い人などは半年くらいカールが続きますので、スタイリングさえ上手くできれば、すぐにカールが落ちてしまうということはありません。

髪の毛のダメージを少なくするためにも、なるべくパーマをかける頻度は抑えた方がよいでしょう。
その頻度に関しては、美容院によってかなり対応が異なってきます。

かけたいと言えば何も言わずにかけてくれる美容院もありますが、髪の毛のダメージのことを考えて、間を空けた方が良いとアドバイスしてくれる美容院を選んだ方がよいでしょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧