つけまつげはメークアップで目を大きく見せるポイント

メーク

一重や奥二重、小さい目、細い目など美容のことで悩んでおり、メークアップでぱっちりした大きな目にしたいと考えている女性はたくさんいるでしょう。

かつてデカ目メイクの基本と言えば、黒のアイライナーで目の周りを囲むことでしたが、実は目を大きく見せている要因はまつげなのです。
そのためアイラインを太く引くより、ボリュームたっぷりのつけまつげを付けた方が目を大きく見せる効果が高いのです。

つけまつげというと、ギャルや若い女性などが使うというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、今ではさまざまな年齢層の女性が使用しており、その種類も豊富になっています。
年代やシーンに合わせて選ぶことができますし、ナチュラルなものを使用すれば自身のまつげと自然に馴染みます。

外出先で取れることを心配でなかなか挑戦できないという人もいるのですが、しっかりと接着すればそのような心配もありません。

今では100円ショップなどで安く簡単に手に入るため、美容に興味があるなら試してみると良いでしょう。
つけまつげを初めて付けるという場合、最初は面倒に感じるかもしれませんが、2、3回で慣れてきて5分程度で両目を完成させられるようになります。

まずこれを付ける時には、メークアップをほぼ完成させた状態にしておきましょう。
それは初めにつけまつげを付けてしまうと、メークアップの途中で取れてしまったり、接着のりが汚れてしまったりすることがあるためです。

メークアップを完成させた状態でつけまつげを付け、最後に細かいところを修正していきます。
ちなみに、つけまつげは大きめに作られているため、使用する前に目の幅に合わせてカットする必要があります。

カットせずに使うと不自然な仕上がりになってしまいますし、目尻や目頭に食い込んで痛くなってしまいます。

美容のためにつけまつげに興味があるという場合、付け方だけでなく外し方についてもしっかり調べておくのがオススメです。

ピックアップ記事

関連記事一覧