敏感肌の保湿に馬油がおすすめな理由とは

COSME

女性は美容について常に関心を持っているものですが、中でも保湿には気をつけているという方が多いのではないでしょうか。

なぜなら、保湿はすべての美容の基本となるものだからです。
肌が乾燥していると、しわやたるみなどの原因となるばかりでなく、ニキビや毛穴の開きなど様々な肌トラブルに見舞われます。
逆に保湿がうまくいっていると、いつまでも若々しく美しくいられるのですね。

しかし、一概に肌に潤いを与えようと思っても、人の肌質は様々ですから、何でもうまく吸収できるタイプもあれば、少しでも合わないと肌荒れを起こすタイプもあります。
そういう難しい肌質のことを敏感肌といいますが、敏感肌の人は美容関連の特にスキンケア用品にはとても気を使っているのではないでしょうか。

保湿の基本は化粧水で肌に水分を吸収させ、乳液やクリームで蓋をするということです。
この直接肌につけるものが合わないと、全然潤わないどころか肌荒れを起こしてもっとひどい状態になってしまいます。
そういう方にお薦めなのが馬油なのです。

馬油はその名のとおり馬の油で、人の皮脂に近い成分を持っていますので、誰が使っても肌荒れしにくい傾向にあります。

また、馬油を塗ると、そのあとに塗るものの吸収を格段に良くする特徴を備えているので、このあとに化粧水や美容液をつけると、いつも全然肌に入っていかない水分がぐんぐん肌に浸透していきます。
具体的な美容効果としては、肌にハリを与えてしわを改善し、同時に透明感も与えます。

そして、水分不足で弱った肌をバリアする役割も果たすので、ニキビ予防にもなります。
使い方としては、洗顔後に水分を完全にふき取らずに馬油をつけ、その上から化粧水をたっぷりつけます。
そのあとは普段どおりに乳液やクリームで蓋をして大丈夫です。

ただ、やはりつけすぎると逆に雑菌の栄養となってしまうため、分量は全顔で小豆大より少ないくらいでいいでしょう。

このように、コストパフォーマンスが非常に良いのも馬油のメリットといえます。

ピックアップ記事

関連記事一覧