女性であれば知っておきたい美容と健康を維持できる外食の仕方

外食は身体によくないとされていますが、味の濃いものが多かったり、好みのメニューばかりを選んでしまいがちであるのが理由となります。
また、仕事のお昼休みでとる食事はできるだけ家計の負担にならないよう、格安なファストフード店で済ませてしまうことも栄養の偏りに繋がってしまいます。

味の濃い食事は塩分や脂質が多い傾向にありますので、女性の美容にとって大敵の脂肪太りやむくみを招きやすいともいえます。
美容や健康を気にする女性はできるだけ外食を控えた方のがよさそうに感じられますが、そういうわけにはいかないのが現実です。

そこで外食でも健康的な食事がとれるような工夫をすると、きちんと美容を保つことができます。
お昼休みに外食をする時には、格安なランチメニューを用意しているお店をターゲットにしてみましょう。
比較的高級な食材を扱っているお店であっても、ランチメニューを用意している場合がよくあります。

夜のイメージがある居酒屋は割と注目すべき飲食店で、お刺身や焼き魚、煮魚などが食べられます。
魚料理は自宅でもあまり食べない家庭が今では珍しくありませんから、居酒屋を利用すれば健康によい、良質の脂質やたんぱく質を含む魚料理を手軽に堪能することができます。

油をたくさん使う中華料理は脂肪太りを気にする女性ならできるだけ避けたいでしょうが、野菜がふんだんに使われたメニューが豊富ですので、むしろ美容にはおすすめの料理となります。
油が気になるのであれば揚げ物や炒め物は適度に避け、蒸し物やスープ料理を選択すれば、ヘルシーな内容にすることも十分可能です。

ファミレスなどで肉料理を楽しみたいなら、ハンバーグではなくステーキを選びましょう。
意外に思えるでしょうが、ハンバーグのひき肉にはまとまりがよくなるように脂肪が多く含まれています。
ステーキであればたんぱくな赤身の部分が多くを占めますので、カロリーが高くても脂質の摂取を抑えることができます。

ピックアップ記事

関連記事一覧