気になる加齢臭対策の臭いの原因や予防・対策を紹介

健康

加齢臭気にしていませんか!?中高年に多い「加齢臭」、男性が多い傾向ですが実は女性にもあると言われています。加齢臭が気になりり始めた方へ臭いの原因や予防・対策を紹介しています。

気になる加齢臭対策の臭いの原因や予防・対策を紹介

加齢臭は、ある程度の年齢になると体から自然と発生する体臭の一種です。実はこのにおい、男性だけのものではなく女性でも起こりえることを知っていましたか?
自分のにおいが気になって、人と接するのが敏感になっている人もいるのではないでしょうか。
今回はその加齢臭を改善するために、原因と対策を紹介していきます。

加齢臭が発生する原因

加齢臭の原因は、男性女性ともに「ノネナール」という物質が皮脂腺から分泌されることに因るようです。
このノネナールは、皮脂腺の中の脂質が活性酸素によって酸化されてできる過酸化脂質と、脂肪酸のパルミトオレイン酸が反応することによって発生します。
つまり、加齢臭は酸化した脂のにおいのことです。
パルミトオレイン酸という物質は、若い頃には分泌されないようです。これは、中高年特有の物質なので、「加齢臭」と呼ばれています。
ノネナールは特に洋服の襟元に溜まりやすい性質があるといわています。そのために、頭部、首元、耳元から強烈なにおいが発生する原因となっています。

「加齢臭」対策

加齢臭は、40代以降になると多くの方の悩みの種になっているようです。
中高年の中でも加齢臭が気にならない方もいるので、諦めずに改善へ向けて対策をしっかりしましょう。

1、洗い流す

加齢臭のにおいの原因は、皮脂腺から出てきます。
なので、単純に皮脂を洗い流せばにおいの解消になります。
皮脂腺が多い場所というのが、耳の裏・胸・背中(肩甲骨の間)の辺りです。この加齢臭が出やすい場所を、殺菌作用やデオドランド効果のある石鹸で、しっかりと洗い流します。ただし洗い過ぎは肌を痛めてしまうので禁物です。一日のシャワーの回数を多くしたり(朝が一番効果的)、湯船に浸かるなどして、においの元をしっかりと落とすことを心がけましょう。

2、運動をする

加齢臭には適度な運動をすることが、とても重要です。
運動をすることによって、加齢臭の原因でもある脂肪が減り、 においを作る原因の一つでもある活性酵素も減少します。こうして体の酸化反応が和らぎ加齢臭も和らいできます。
中でもウォーキングやジョキング、水泳などの有酸素運動が良いです。
体に溜まった老廃物を汗と一緒に流すこともでき、健康維持にもなりますので体の為にもおすすめします。

3、食生活で改善する

一般的に現代人は野菜よりも肉類が中心の食生活になっています。加齢臭の元ノネナールの原料になるパルミトオレイン酸は、お肉やベーコン、ウインナー、チーズやフライドポテトなどの脂質の多い食品を摂ると増加します。お肉やアルコールを控え、野菜中心の食生活に変えるだけで抗酸化作用が促進されます。
抗酸化作用のある代表的な食品は、ほうれん草、しいたけ、きのこ、人参、海藻類、鮭、りんご、バナナなどです。
他にもポリフェノール、イソフラボン、ベータカロチンやカテキンといった抗酸化物質があります。
飲み物を、カテキン効果のある緑茶、ポリフェノールが多く含まれている赤ワインへと少し変えるだけでも、加齢臭を減らすことができます。

4、ストレスを発散させる

人はストレスを感じると、活性酸素が発生します。それを抑えるために過酸化脂質が増加してしまいます。加齢臭の原因の過酸化脂質を増やさないためには、ストレスを上手く発散していくことが重要になってきます。
スポーツなどで身体を動かしたり、夢中になれる趣味を持ったり、笑い話しが出来る友人と会ったり、自分なりのストレス緩和方法を見つけていきましょう。

5、睡眠をよくとる

睡眠不足は、加齢臭を強くしてしまう原因になります。
睡眠不足は、体にとっては相当の負担になります。ストレス同様活性酸素が発生する要素となるのです。
体の中が酸化すれば加齢臭は酷くなります。
睡眠が足りていないと、ストレスや疲労を溜め込むことによる新陳代謝の悪化や血流の悪化を招いてしまいます。そうすると、皮脂の分泌調整機能にも異常をきたしてしまい、過剰な分泌が加齢臭を悪化させてしまいます。代謝の低下により、においもより強いものになってしまうのです。
においが気になるのであれば、夜更かしなどせずにしっかりと体を休める事が大切です。

5、お酒を控えめに

アルコールを過剰に摂取すると体臭がきつくなってしまいます。
体内に入ってきたアルコールを分解する際に、加齢臭の原因物質が発生します。さらに分解時にアセトアルデヒドなどの有害物質も発生します。これらのにおいと加齢臭が混じり合うことで強い悪臭を放つ場合があります。
適量のアルコールは加齢臭を抑えてくれますが、飲みすぎると加齢臭を一層ひどくしてしまうので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

加齢臭は、自分は大丈夫だと思っていても、予防をしないと誰にでも起こりうる症状です。
逆に、しっかりとケアをすることで予防をすることができます。
普段の生活の中で、意識的にケアすることで加齢の臭いを緩和することは可能です。
食事を改善したり、運動をしたり、出来るところから少しづつ加齢臭対策するようにしていきましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧