保湿効果が期待できるグリセリン

保湿

グリセリンは、化粧水や美容液、育毛剤、浣腸などの幅広い分野で利用されているアルコールの一種です。

植物由来の天然のタイプと石油を原料として製造しているものとがあります。
水分との親和性が非常に高いのが特徴で、保湿効果と浸透性の両方の効果を期待できます。

つまり、化粧水や美容液に配合されているのは、有効成分を浸透させる上に潤いを保つ事が出来るからです。
さらに、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿効果が高い成分を配合する事により、相乗効果により能力が最大限に引き出される事になります。
体内に注入する事が可能なほど安全性が高いという事も魅力であり、副作用に見舞われる心配もありません。

体内の水分量をキープする役割を担っている成分の生産能力は、年齢を重ねるにつれて低下してしまいます。
このために、年々乾燥肌などのトラブルは発生しやすくなります。
グリセリンが配合されている美容アイテムは、このような症状を改善するために効果的であり、多くの人が利用しています。

また、グリセリンは薬局などで購入する事ができるので、自分で化粧水を作る事も可能です。
保湿と浸透性の両方が優れているので、配合した成分を肌の内部にまで届ける事が出来ます。
注意するポイントは、グリセリンの濃度だけです。

濃すぎる場合は肌の水分を逆に奪ってしまう可能性があるからです。

グリセリンは、体内の水分量を調節するために健康飲料にも配合されているケースもあります。
毛穴から浸透させるよりも効果が大きいのが特徴で、運動中の脱水症状を予防する効果が期待できます。
失った水分を補給するのではなく、体内の水分をキープするという内容です。

夏バテ対策としても有効であり、注目を集めています。

ピックアップ記事

関連記事一覧