カリウムサプリの口コミ評判・購入する前に確認する事!

健康

カリウムサプリの口コミや評判について色々調べてみました!また、販売店と最安値を比較し、お得に購入する方法も併せて調べました!

むくみに悩まされている女性、多いのではないでしょうか?
一日中PC作業で座りっぱなしの姿勢や、一日中立ちっぱなしの仕事をしている人は、夕方頃には足がパンパンにむくんできますよね。
そんなむくみ、実は「カリウム」が関係していることは知っていましたか?
カリウムは利尿作用によって、体の余分な塩分と水分を排出するので、全身のむくみに効果的なのです。
その他にもカリウムの効能は、高血圧の予防、血圧を下げる、夏バテ回復などに効き目があるとされています。サプリなどから効率的にカリウムを補給すれば効果的に作用するというのです。
では、カリウムサプリメントの効果的な摂取方法や注意点などを詳しくみていきましょう。

カリウムの働き

カリウムは人体には欠かせないミネラルの一つです。
生きるために欠かせない栄養素で、塩分に多く含まれる「ナトリウム」と密接な関係にあります。カリウムもナトリウムも体内に多く存在していますが、ナトリウムは細胞外液、カリウムは細胞内液に多く存在します。
ナトリウムが体内に過剰に蓄積すると、カリウムが体外への排泄を促します。
この働きにより、ナトリウムを摂取し過ぎても体内は一定のバランスを保つことができるのです。

カリウムの効果・効能

カリウムは、細胞内の浸透圧を一定に保ち、神経間の信号伝達や筋肉の収縮作用などがあり生命維持に欠かせない栄養素です。

高血圧の予防
むくみの予防・解消
体内の水分量の調整
利尿作用
筋肉の弛緩を調整
神経細胞の刺激伝達

カリウムが不足すると

厚生労働省が推奨するカリウムの目安摂取量は、成人男性で年間2500mg、成人女性で2000mgですが、実際には、摂取量は年々減っているといわれています。また、加工食品の普及などで無意識のうちに塩分(ナトリウム)を摂取していることが多い現代の食生活では、より多くのカリウムが必要といわれています。
また、汗をかきやすい方やアルコールやコーヒーをたくさん飲む方、偏食や栄養不足が長期に続くと、カリウム不足になりやすいため注意が必要です。
低カリウム血症(筋力低下、けいれん、麻痺、不整脈、おう吐、神経障害など)

食欲不振
脱力感
吐き気
疲れ
めまい
高血圧
むくみ
心不全
排尿困難

カリウムを過剰に摂取すると

カリウムを過剰に摂取しても尿中に排泄されるので、心配はありません。しかし、腎臓の機能が低下すると、カリウムの排泄が困難となり、高カリウム血症を起こす可能性があります。腎障害がある場合は摂取量に注意が必要です。

カリウムを多く含む食品

カリウムは、果物、野菜、海藻に多く含まれています。

アボガド1個:1000mg
パセリ100g(1束):1000mg
アーモンド100g:740mg
ほうれん草100g:690mg
干し柿1個:580mg
明日葉100g:540mg
くり100g:460mg
さつまいも1個:450mg
乾燥ひじき10g:440mg
バナナ1本:390mg

カリウムは水に溶けやすく熱に弱いのが特徴です。調理によって栄養素が損失して吸収率が低下してしまいますので、調理法に工夫が必要です。
生野菜サラダや海藻サラダなどの調理法で摂るのがおすすめです。火を通す場合は、加熱時間はできるだけ少なくしましょう。
カリウムは普段の食事で十分に摂取できるミネラルですが、偏食や野菜不足の日が続くときは、サプリメントなどを上手く利用しましょう。

カリウムを吸収阻害する物質

カフェインやアルコールは利尿作用があるためカリウムが体外へ排出されやすくなります。また、塩分や糖分の取りすぎも、カリウムを消費し対外に排出する事になってしまいます。
塩分の多い物や甘い物が好きな人はカリウムが不足しがちです。ストレスも体内のカリウムを破壊します。

カリウムの副作用

基本的に日常生活の中ではカリウムを摂りすぎてしまうということは、ほとんどありません。
カリウムの副作用に気を付けなくてはいけないのは、腎機能に障害があったり、腎臓に何らかの疾患を持っている人です。
カリウムは、摂りすぎよりも不足しないように気をつけましょう。

カリウムをサプリメントで摂ろう

昔と比べ日本人の現在の食生活では、加工食品やファストフードなど塩分が高い食事をとる機会が多くなってきました。そのため、塩分(ナトリウム)の排泄を助けるカリウムの摂取が重要だと考えられています。
一番良いのは、カリウムを多く含む食材、パセリやほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、サツマイモやひじき、バナナなどを毎日の食事にバランス良く取り入れることです。しかし、生活が不規則になり、栄養の偏りや野菜不足を感じる時は、サプリメントを利用して、カリウムを補給することをおすすめします。
サプリメントであれば、手軽に摂取できるので続けやすいでしょう。
ただし注意しておきたいのは、サプリメントはあくまでも「補助的な存在」ということです。基本は1日3食の食事を整えることですので、足らずを補助的な役割として取り入れるようにしましょう。

カリウムサプリメンント飲み方

カリウムをサプリメントで摂取する場合ポイントになるのは、サプリメントを飲むタイミングです。
カリウムサプリを飲むなら食後30分以内がベストです。
このタイミングは、体内の代謝が高まっているためより効率的に摂取できます。
また、空腹時に飲むのは胃に負担がかかります。空腹時に飲むと、うまく吸収されずせっかくの有効成分を無駄にしてしまうことになります。
どのサプリメントにも言えることですが、成分によっては摂り過ぎると体に悪影響が出ることもあるので、商品ごとの用法・用量に従い、摂り過ぎには気をつけてください。たくさんカリウムを摂取したからといって効果が出やすくなるわけではありません。
健康のために摂るサプリメントだからこそ、上手に活用しましょう。

カリウムサプリメントの注意点

カリウムの摂取のためにサプリメントは非常に役に立ちますが、摂取の際にいくつか気をつけないといけないポイントがあります。
せっかく良いと思って飲んでいるのに、逆に体調を崩す原因にもなるので、サプリメントを飲む際は以下のことに注意しましょう。

サプリメントは補助

サプリメントを飲むことで、不足しているカリウムを補うことができます。
ですが、こうしたサプリメントでの摂取はあくまで補助的なものだと考えてください。
可能な限り、1日3食バランス良く食べて、その中で足らない部分をカリウムで補うようにしましょう。基本は栄養価の高いものをしっかりと食事から摂ることです。

飲み過ぎには注意

むくみ予防に効果的なカリウムですが、摂り過ぎには注意が必要です。
カリウムを過剰に摂取してしまうと、高カリウム血症という病気の原因になります。
また、妊娠中や腎臓病、糖尿病など病気療養中の方はカリウムの過剰摂取は注意が必要です。その方たちがカリウムのサプリメントを使用する場合は、自己判断せず必ずかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

3ヶ月は継続する

サプリメントというのは「栄養補助食品」という立ち位置です。
そのため、医薬品のように飲んですぐ効果があらわれるというような即効性はないのです。
むくみの解消などの効果を期待する場合最低でも1ヶ月以上はカリウムのサプリメントを飲み続けることをおすすめします。

カリウムサプリを選ぶ時のポイント

カリウムサプリといっても色んな種類があり、一体どのサプリが本当に効果的なのか、判断するのは難しく思われます。
商品によっては、どこの成分に比重をおいているか、原材料や生産地などからも商品の価格が大きく変わってきます。
そこで、自分に合ったカリウムサプリを選ぶポイントをまとめてみました。

自然由来であること

原材料には自然由来の原料でできているサプリと、合成成分でできているサプリが存在します。
自然由来の原料を使用したサプリは、合成成分で作られているサプリより何よりも安全であり、飲んだ後の体内での吸収率が高いというメリットがあります。
成分表に成分名だけではなく、食材などが使われているものは自然由来の成分と言えます。
自然由来のカリウムは、明日葉、とうもろこしのひげ(コーンシルク)、インゲン豆などの野菜から取ることが多く、原料で見極めることができます。

添加物は最小限であること

カリウムサプリメントでは、添加物がなるべく使われていないものが安全でおすすめです。
商品の価格が安いもの高いものには必ず理由があります。安すぎるサプリメントには添加物がたくさん使われている可能性が高いということです。安心安全無添加であるかしっかりチェックしましょう。
無添加の場合、商品のパッケージなど目立つところに「無添加」と表記されていることが多いです。

安全性が高いものであること

会社概要やお問い合わせ先がしっかり記載されている国産のサプリを選ぶのが安心です。輸入したサプリメントによる健康被害が後を絶ちません。サプリの輸入品は利用しないようにしましょう。
輸入品を使うのであれば、一定の検査基準を満たしている安全性の高いものを選ぶと良いです。

コストパフォーマンスが高いこと

サプリメントは継続して続けることで効果が実感できるので、数ヶ月続ける必要があります。
サプリメントというのは薬ではないので、数日で効くものではなく穏やかに作用するものだと理解しておきましょう。体質を改善するという意味でも、2、3ヶ月はじっくり試す必要があります。
そのため、毎日続けても苦にならない価格であるものを選んで下さい。

まとめ

カリウムは身体の栄養素として必要な成分です。
細胞の浸透圧の調整、酸とアルカリの平衡維持、筋肉収縮、神経細胞の刺激伝達に関与しています。
カリウム不足に陥ると、細胞内の水分量の調節ができなくなり足のむくみ、めまい、便秘になりやすいです。また、高血圧、不整脈、排尿困難、脳卒中などの病気になりやすいです。
日本人の食生活は、諸外国に比べて塩分(ナトリウム)の摂取量が多いため、カリウムの摂取は大切だと言われています。
特に女性は、カリウム不足で足がむくみやすくなります。
普段の食事で適量のカリウムを摂取するのが理想ですが、十分量が食事から摂取できないときは、サプリメントを利用してみましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧