赤ニキビの原因と改善するために必要なポイント

出来てしまった赤ニキビを放っておくと、ニキビの周辺が赤っぽく浮き上がったような状態になり、痛みまでもを感じるようになって、さらにぷっくりと赤く腫れてしまい赤ニキビへと・・・

赤ニキビへ悪化してしまうと、痛くて治りにくいのが悩みの種ですよね。

赤ニキビができれば目立ちますし、早く治したいけどどうやって治したら良いかわからない、そんなお悩みを持った方も多いのではないでしょうか。

赤ニキビを改善し、治すポイントをおさえていきましょう。

 

赤ニキビとは?

赤ニキビの原因は、特にアクネ菌と呼ばれる常在菌の存在が大きく関っていると言われています。

赤ニキビの特徴は、赤くぷっくりと腫れあがり炎症を起こしているので、触ると痛みがあります。さらに炎症がひどいと膿を持つようになるために、腫れや痛みが増し、ひどい時は真皮層まで破壊してしまうこともあるようです。

炎症が起こると、後々まで“跡”が残ったり、シミなどの色素沈着を引き起こすこともあるので、赤ニキビをそのまま放置しておくことは、とても注意が必要なのです。

 

赤ニキビができたら触らないこと

赤ニキビは炎症した状態です。赤ニキビができてしまったら、とにかく「刺激を与えない・悪化させない」ことが重要です。
触ったり、潰したりすることは、絶対に避けて下さい。

赤ニキビは、「触る」だけでも悪化したり、跡が残ったりしてしまいます。
赤ニキビを跡を残さずに治し、悪化させないためには、とにかく「触らない」ことが一番大切です。

 

ニキビの種類と原因

ニキビには「赤ニキビ」の他に、「白ニキビ」・「黒ニキビ」・「黄ニキビ」があり、大きく分けて4つの種類があります。

それぞれどのような状態なのか、特徴をご紹介します。

 

赤ニキビとは?原因と特徴

赤ニキビは、毛穴の中に詰まっていた皮脂や古い角質、汚れによりアクネ菌が増殖し炎症を起こし赤く腫れ上がった状態のことを指します。痛みを感じることも多いようです。

また、赤ニキビをつくらせない、できても早く炎症を抑えることができれば、ニキビ跡になるリスクも少なくなります。ですので、この期間のお手入れにはじゅうぶん注意が必要です。

 

赤ニキビ以外のニキビ

  • 白ニキビ

白ニキビは、初期段階のニキビです。

毛穴の中の皮脂が正常に排出されず、毛穴に皮脂や古い角質、汚れなどが詰まって、毛穴が大きくなり皮脂が膨らんでいる状態の吹き出物のことをいいます。

白っぽく、少しぽつんと腫れている状態です。

 

  • 黒ニキビ

黒ニキビは、毛穴の中に皮脂や古い角質、汚れなどが詰まり、表面の皮脂が空気に触れて酸化して黒くなった状態のものを指します。

酸化した部分が黒く見え、「黒ずみ」と呼ばれることもあります。

 

  • 黄ニキビ

黄ニキビは、赤ニキビがさらに悪化し、患部に膿が溜まり、膿が黄色く腫れあがった状態の吹き出物です。触らなくても痛みを感じてしまうこともあるようです。

黄ニキビが重症化し、放っておくとニキビ跡の原因にもなってしまいます。

 

赤ニキビの原因は?

1. ストレス

ストレスがたまると、赤ニキビができやすくなるという方が多いようです。
私達の身体はストレスを感じると、「アドレナリン」というストレス対抗ホルモンを生産します。その際に、男性ホルモンも同時に生み出されます。男性ホルモンが優位になると、皮脂の分泌が過剰になり、赤ニキビが増える原因となってしまうのです。

「仕事が忙しい」「育児に追われている」「人間関係が上手くいってない」など、みんな何かしらのストレスを抱えて生活をしています。

ストレスを溜め込まないように、毎日少しの時間でもいいので、運動をしたり、映画やお笑いを見たり、好きなことに没頭するのもおすすめです。はやめ早めに上手くストレスを発散していきましょう。

 

2. 食べ物

赤ニキビが出来た時に考えたいのは食生活です。赤ニキビと食べ物は大きく関係しています。甘い物や油物を多くとっていませんか?赤ニキビに、糖分や油分は大敵です。

適度の良質な油なら良いのですが、摂り過ぎは禁物です。
毛穴が詰まる原因となり、過剰な糖分摂取は肌を老化へと促します。ビタミン、ミネラル、水、食物繊維の多い食事を心がけ、好き嫌いなく、バランスのよい食事を心がけましょう。

食生活を改善したり、水分を多く摂取したりすると、便秘の改善にもなり、健康のためにも役立つでしょう。

 

3. 便秘

便秘もニキビの大敵です。赤ニキビだけでなく、肌荒れ全般を引き起こします。
便秘解消に大切なのは、腸の動きを活発にすることです。

腸内環境が整っていれば、体にとって不要な存在である老廃物や毒素を体外に排出することができるのですが、便秘になった腸内はその働きが失われています。

それによって、どんどん老廃物・毒素が蓄積されていき、血液の流れも悪くなります。
体のあらゆるところに流れている血液を通り、毒素は顔の皮膚上にも現れてくるのです。
それが“ニキビ”となります。

便秘改善に役立つ食物繊維をたくさん取り入れましょう。白米を玄米に変えたり、レタスやごぼう、バナナ、ヨーグルトを積極的にとりいれてみましょう。適度な運動も効果的です。

 

4. 睡眠

赤ニキビに大敵なのは、睡眠です。特に入眠後3時間が重要です。いわゆる“ゴールデンタイム”と呼ばれている時間帯です。その間に質の良い睡眠がとれるように、眠る前の過ごし方を大切にしましょう。
ゆったりとお風呂につかり、落ち着ける音楽を聴いたり、好きな香りのアロマを炊いたり、間接照明の灯りにしたり、ストレスを軽減するような環境を作りましょう。

眠る前のスマホの見過ぎには充分注意をしたいですね。

 

5. 運動

上記の食生活を改善しても便秘が解消しないと言う方は運動不足かもしれません。
体を動かさず、家にこもっていると、どんどん溜め込む体質になってしまいます。そうすると体内で毒素が溜まっていき、頭痛や肩こりの原因にもなります。

体を動かすことで、体中の細胞が目覚め、血流が良くなり、ストレスも軽減されます。頭痛や肩こりは、赤ニキビに大敵なストレスの元でもあります。

必ずしも激しい運動をする必要はありません。軽いウォーキングやヨガやストレッチなどを生活に取り入れ、定期的な運動を心がけましょう。

 

赤ニキビができたときに、やってはいけないこと

赤ニキビができてしまったら、以下のような行動は控えましょう。

 

手で触る・潰して膿を出す

赤ニキビができてしまうと、つい無意識に手で触って確認してしまいたくなるかもしれませんが、赤ニキビにはとにかく触らないようにしましょう。
手には多くの雑菌がついています。たとえ綺麗に手を洗ったとしても、「菌」はついているので、この雑菌が原因でニキビが悪化してしまうことがあるのです。

また、潰せば治りが早くなるのではないかと、無理やり膿を出してしまうことも絶対にしないで下さい。無理やり潰してしまうと、症状が悪化したり、ニキビ跡や色素沈着がおこりやすくなるからです。

 

何度も洗顔をする

毎日何度も洗顔していませんか?
赤ニキビができてしまうと、「早く治したい」という思いから、つい必死に洗顔してしまうものです。しかし、1日に何度も洗顔するのは控えましょう。

過剰な皮脂をおさえようと洗顔をしているのに、それが原因で肌が傷つき、乾燥を招き、さらに皮脂がもっと多く出るようになり、ニキビが慢性化してしまう可能性もあるのです。
過剰な皮脂がニキビの原因の1つであるというのは間違いではありませんが、皮脂をなくせば赤ニキビが早く治るというわけではありません。

皮脂は、肌表面に膜を作ることで、乾燥を防いで外部の負担から肌を保護するクリームのような働きをします。ある程度の皮脂は、肌にとって必要なものなのです。
くれぐれも洗顔のしすぎには注意して、正しいスキンケアを実践しましょう。

 

油分の多い化粧品を使う

ニキビができる原因のひとつに原因菌の増殖があげられます。アクネ菌などの細菌が増殖すると、赤ニキビができてしまいます。その細菌は油分をエサに繁殖していると言われています。
ニキビ用の洗浄力・殺菌作用が強い洗顔料や油分の多い洗顔料は、肌に必要な皮脂や善玉菌を取り除いてしまったり、洗いすぎを招いてしまうので、できれば使用を避けましょう。

赤ニキビができてしまったら、その部分のお手入れはできるだけ油分が少なめの、みずみずしいさらっとした使用感の化粧品を使うことをおすすめします。

 

ファンデーションを厚く塗る

赤ニキビができてしまうと、目立つニキビを隠そうとファンデーションやコンシーラーを厚く塗りたくなりますが、それは避けましょう。
ファンデーションやコンシーラーを厚く塗ることそのものが、ニキビに負担をかけてしまい、悪化する可能性があるからです。

もしどうしてもメイクをしなければいけない場合は、なるべく油分が少なめのコンシーラーや、パウダータイプの軽い付け心地のファンデーションを使うとよいでしょう。

 

赤ニキビは絶対に潰さないこと

赤ニキビを悪化させず、跡を残さずに治すのには、「触らない」ことが一番大切です。そして、ニキビは絶対に潰さないことです。
ニキビを潰してもいいのは、白ニキビと黒ニキビです。

 
では、赤ニキビを潰すとどうなるのでしょうか?

悪化するだけならまだしも、跡が残ったり、クレーターになってしまったりして、後で取り返しのつかない後悔することになります。

 
なぜ潰すのがだめなのでしょうか?

赤ニキビは、炎症を起こして腫れあがっている状態にあります。

ただでさえ刺激に敏感になっているところに、「潰す」という強力な刺激を与えてしまうと以下のようなことが起こります。

 
肌に大きなダメージが与えられ、治りが悪くなる

ターンオーバーが乱れて、肌が再生されにくくなる

「真皮」まで傷つき、取り返しのつかないことに・・・

 
赤ニキビがひどくなると「真皮層」まで炎症を及ぼしてしまう可能性もあります。

そのため、跡が残りやすくなるのです。

しかも、色素沈着だけではなく、みかんの表面のように肌が凹凸になるクレーター跡が残ることも・・・
真皮層ではターンオーバーは行われないので、一度傷つけてしまえば、一生「跡」が残ってしまうこともあります。

 

赤ニキビには丁寧なスキンケア

赤ニキビを防ぎ、改善するには日頃からのスキンケアがとても重要になります。

ニキビが気になるあまり、洗顔をし過ぎたり、必要以上に化粧水をつけたり保湿をしてしまいます。良いと言われる化粧品を使っては、自分の肌質には合わず、その刺激でニキビを悪化させてしまうこともしばしばあるでしょう。どんなに頑張ってケアをしていても誤った方法では、ニキビが悪化してしまうのです。

炎症が激しい時はお肌がとても過敏になっている状態ですので、ニキビ専用の化粧品を使い、肌に負担をかけないように優しく丁寧なケアを心がけましょう。
赤ニキビを治すためのスキンケア商品を選ぶ時に、特に気をつけたいポイントをあげたいと思います。

 

  • ①炎症を抑える成分配合
  • ②保湿成分配合
  • ③ビタミンC配合
  • ④界面活性剤などの原料に注意

 

①炎症を抑える成分配合

赤ニキビで炎症をしている部分を抑えるには、まず抗炎症作用のある化粧水でケアしてあげるのがおすすめです。
市販のニキビケア商品には、抗炎症作用のとても強い成分が配合されています。これは、刺激が強過ぎ、肌を乾燥させ、結果ニキビの悪化を招くことになってしまうこともあるので注意が必要です。

抗炎症成分の中でも、赤ニキビの症状緩和に効果を持つのが、グリチルリチン酸ジカリウム(漢方の甘草の根に含まれている成分)です。こちらは高い抗炎症作用や抗アレルギー作用を持っています。すなわち、炎症をおこしたニキビの
治療に、効果を発揮するというわけです。ただ全く副作用がないというわけではないので、一日の使用量を守るように注意しましょう。

 

②保湿成分配合

赤ニキビにも保湿が基本です。保湿を充分にしてあげ、過剰な皮脂分泌による毛穴のつまりが起こらない肌にしてあげることが大切です。
ニキビ肌に効果的な保湿成分はヒアルロン酸やスクワランなどです。

こういった成分に加え、ビタミンCなどが配合されている化粧品を並行すると、保湿をしながらお肌の炎症も抑えてくれるのでおすすめです。また、皮脂バランスのコントロールも正常にしてくれるので、ニキビが繰り返しできない肌に役立ってくれるでしょう。

 

③ビタミンC配合

ビタミンCは、肌のターンオーバーを促進して、皮膚を正常な状態に導いてくれます。
メラニンの色素沈着を抑えて、ニキビ跡やシミができるのを防いでくれます。

ビタミンC誘導体入りのスキンケア化粧品や美容液でビタミンCを補給しましょう。その効果をしっかりと肌に吸収させるためには、粒子が細かく肌の奥までしっかりと浸透するものを選びましょう。また、食べ物やサプリなどでもビタミンCを積極的に摂るようにするとより効果的です。

 

④界面活性剤などに注意

赤ニキビの炎症がひどい場合には、しばらく洗顔料の使用を控えましょう。また、洗顔をするのであれば低刺激の洗顔料を使いましょう。
「界面活性剤や香料、パラペン、スクラブ」などが含まれていない無添加のものを選びましょう。

これらの成分は非常に洗浄力が強い成分なので、注意が必要です。肌の必要な皮脂まで落としてしまうので、乾燥してしまい、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます。

これらの成分が配合された自分にあったスキンケア商品を見つけ、日々丁寧にスキンケアを行えば、赤ニキビを早く綺麗に治すことができます。

 

赤ニキビが潰れてしまった時のケア方法

しかし、寝ている間などに無意識に掻いてしまい、潰れてしまうこともあるかと思います。
そういった際はどういうケアをしたらよいのでしょうか?

 

洗い流す

ニキビを潰してしまったり、潰れてしまった時は、まずは自分の手を清潔に保つようにしましょう。手を綺麗に洗ったら、潰れた部分をテイッシュやガーゼなどでやさしく拭き取ります。

そして、潰れた部分を水で洗い流してあげます。ケガをしたときにはとりあえず患部を水で洗って清潔にしますよね。それと同じことです。
水でニキビの膿やアクネ菌などを洗い流したあとは、毛穴に雑菌が入らないように清潔なタオルでやさしく拭きましょう。

まずは「洗い流して、清潔にする」ことが大切です。

 

保湿を念入りにする

洗い流した後は、化粧水などで保湿をして、肌を保護してあげましょう。肌がしっとりと水分を含んだ状態だと傷の治りも早くなります。 手で直接塗るよりは、コットンで優しく抑えるように保湿をしましょう。

ただ、しみると感じる場合は使用を控えるようにしてください。

もし皮膚科などでもらったニキビ用の塗り薬などがある場合には、患部に綿棒などで少しだけ塗ってください。それでも悪化するときは、皮膚科で相談しましょう。

 

消毒はしない

ケガをしたときには消毒をしますが、ニキビの跡を残したくない場合は、消毒はしないでください。赤く腫れた患部にとって刺激になってしまう危険性があり、治癒が遅れる原因となりますので気をつけましょう。

洗顔がしっかりとできていれば、ニキビを潰した後の膿や菌などの汚れものは除去できているはずなので、安心してください。

誤って潰してしまったニキビには、初期対応が肝心ですので、早めのケアを心がけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

赤ニキビができてしまうと、外に出たり、人と会うのも億劫になってしまいますよね。

上記のことは、今日からでも取り組むことができるものばかりです。基本的な生活習慣を見直し、ニキビが繰り返しできないような、健やかな美肌を保っていきたいですね。