肌荒れサプリの口コミ評判・購入する前に確認する事!

スキンケア
Pocket

肌荒れサプリの口コミや評判について色々調べてみました!また、販売店と最安値を比較し、お得に購入する方法も併せて調べました!

朝鏡をみたら、何となく顔が疲れている。年を重ねるにつれ、顔に透明感やはりがなくなってきた。その他にもニキビやアトピー、乾燥肌など、お肌に関するお悩みは尽きません。
生活習慣やスキンケアに気を遣っていても、お肌がなかなか改善されない。
そんな方は、体の内側でトラブルが起きている可能性が高いかもしれません。
十分にお肌をケアしていても、お肌が改善されない方は、インナーケアを始めてみませんか?お肌の美しさを左右する肌細胞や、細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂も全て私たちの食べたもので出来ています。内側から必要な栄養を補給することで、肌トラブルは改善できるのです。

インナーケアにはサプリメントを

肌荒れ対策にまず思いつくのは洗顔料や化粧品での改善だと考えている方も多いはずです。しかし、健やかなお肌を作るのに必要な栄養素が不足してしまっては、美肌は生まれません。
十分にスキンケアをしていてもニキビや肌荒れが治らないときは、腸内環境が悪いか、栄養不足になっていることが原因だと考えられます。
内側のケアには、腸内環境を整えるサプリメントや、健康な肌に必要な栄養素がたくさん含まれているサプリメントがオススメです。
食生活が不規則な人は栄養が不足しがちです。
普段の食事を見直しつつ、足りない部分はサプリメントで補給するという形で、体の内側から健康的な肌を作っていきましょう。

肌の悩みに多くみられる症状

私たちの肌はとてもデリケートで肌荒れの原因にはさまざまな要因が考えられます。その要因によってさまざまな肌トラブル、『乾燥肌・シミ・くすみ・ニキビ・ニキビ跡・シワ・ハリ・便秘や腸内不良などによる吹き出物など』を引き起こしているのです。中でも多いのは乾燥肌による肌荒れです。乾燥肌はニキビや吹き出物の原因にもなります。また生理によるホルモンバランスの崩れやストレスによる肌荒れも考えられます。気になる箇所が複数ある方もいるでしょう。どんなにスキンケアを頑張っても内側からの原因が改善されなければ、肌荒れも改善されません。肌荒れの症状によって必要な栄養素も違います。自分の症状にあったサプリメントを選ぶことが大切です。それぞれの肌荒れの症状にあった栄養素をご紹介していきます。

綺麗な肌を生成するのに効果がある栄養素・成分

私たちの体は、食べたものから作られていると言われるほど食事は大切なものです。
必要な栄養素をバランス良く摂り、食事によって体が健康になると、肌の健康へとつながっていきます。まずは食生活を見直しバランスの良い食生活送りましょう。食事で補うことができない栄養素をサプリメントで補っていくことで肌荒れのないきれいな肌を目指しましょう。
そこで、「綺麗な肌を生成する働きのある栄養素」をご紹介いたします。

ビタミン類

ビタミンは、栄養素の吸収を助ける働きを持ち、抗酸化作用、美白作用、血行促進、コラーゲン生成など肌を健康に保つために多くの働きがあります。ビタミンが不足すると、肌に悪影響を与えるというのは誰もが知っているでしょう。
ビタミンやミネラルは体内で生成することができないので、食事から摂る必要があります。美肌のためにぜひビタミンを積極的に取り入れましょう。

肌荒れに良い代表的なビタミンをご紹介します。

【ビタミンA】

ビタミンAは、肌の生まれ変わりを促進し、健康な肌へと導きます。ターンオーバーを正常に整えることで、肌の基礎体力を高め、トラブルに強い肌を作ります。
ビタミンAが多く含まれる食品・・レバー、緑黄色野菜

【ビタミンB】

ビタミンB群が不足するとターンオーバーが正常に働かなくなり、ニキビや吹き出物ができたり、乾燥が進んでしまいます。
ビタミンB2が多く含まれる食品・・レバー、うなぎ、チーズ、納豆、アーモンド、アボガド

【ビタミンC】

ビタミンCには保湿効果の高いコラーゲンの生成を促進する効果があり、不足すると新陳代謝が崩れて肌もハリやうるおいがなくなり老化が進みます。
ビタミンCが多く含まれる食品・・パセリ、ブロッコリー、緑黄色野菜、レモン、いちご

【ビタミンE】

ビタミンEには、「抗酸化作用」「バリア機能」「血行促進作用」などの機能があり、体の様々な老化を防ぐ働きがあり、不足すると肌の新陳代謝が乱れます。
ビタミンEが多く含まれる食品・・いわし、たらこ、ナッツ類、ひじき、大豆

タンパク質

肌を作るもとはタンパク質です。タンパク質が不足すると肌の老化や、肌荒れにつながります。肌のハリを保つコラーゲンもタンパク質ですので、タンパク質が不足すれば肌のハリやツヤもなくなってしまいます。
肌の他にも、筋肉、皮膚、髪の毛、爪はタンパク質でできています。体を構成しているもっとも重要な栄養素です。
それ故タンパク質が不足してしまうと深刻です。体はたるみ、肌は荒れ、髪にコシがなくなり、気分まで落ち込みます。
肌荒れだけでなく心身面でも症状として現れますので、日頃からタンパク質は摂取するようにしたいです。
タンパク質が多く含まれる食品・・しらす、いわし、まぐろ、生ハム、ビーフジャーキー

亜鉛

亜鉛は、美肌づくりには欠かせない栄養素です。健康な肌に必要不可欠なコラーゲンの生成と深く関っているのが亜鉛です。亜鉛を十分に摂取することでコラーゲンを合成する代謝反応が促進され、健康な肌を維持する効果が期待できます。
不足すると、コラーゲンが生成できなくなり、肌の弾力が落ち、肌のターンオーバーが崩れてしまいます。
ファストフードやコンビニのお弁当を好んで食べる現代人には不足しがちになっている栄養素とも言われています。
亜鉛が多く含まれる食品・・牡蠣(かき)、牛肉、卵黄、チーズ、松の実、ごま

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、肌のハリや弾力などを保ってくれるコラーゲンやヒアルロン酸を生成する「エストロゲン」という物質の働きに似ています。エストロゲンが弱ってくると、大豆イソフラボンが代わりとなって働いてくれます。
「エストロゲン」は女性ホルモンの一種ですので、栄養素のように簡単に摂取できるわけではありません。そのため大豆イソフラボンは常に体内にストックしておきたい栄養素です。
大豆イソフラボンが多く含まれる食品・・納豆、大豆、豆腐、油揚げ、きな粉、味噌、豆乳

オメガ3(不飽和脂肪酸)

オメガ3脂肪酸は、細胞膜の原料となっており、肌の細胞を正常に保つ役割を担っています。
また、強い抗酸化力を発揮するため、肌を老化させる活性酸素を消去します。
さらにニキビや肌荒れなどを予防する抗炎症作用、肌を生まれ変わらせる肌代謝促進作用、シミの原因となるメラニンの合成を抑えたり、肌のハリに必要なコラーゲンの生成を促すなど、美肌に欠かせない作用が詰まっています。
オメガ3が多く含まれる食品・・青魚、アーモンド、くるみ、亜麻仁油、エゴマ油

ヒアルロン酸

肌のハリや弾力などを作るために、ヒアルロン酸は大きな役割を担っています。
ヒアルロン酸は細胞と細胞との間に多く存在し、みずみずしい肌を保つ働きをしています。
ヒアルロン酸は赤ちゃんの時をピークとして年齢と共に減少していきます。
加齢によって減少することで、肌の保湿力が低下し、肌のハリも低下させ、シワやたるみの原因になってしまいます。
ヒアルロン酸が不足するということは、肌の中で水分を保有できる量が減っているという状態ですので、肌が乾燥してニキビや肌荒れに繋がってしまいます。
ヒアルロン酸が多く含まれる食品・・鶏手羽、豚足、フカヒレ、うなぎ、魚の目、オクラ、納豆

プラセンタ

プラセンタは胎盤から抽出されたエキスで抗酸化作用が強く、アミノ酸も多く含まれています。ニキビや肌荒れの改善だけでなく、抜け毛や薄毛、肌の艶にも効果が期待できます。また、強い抗酸化作用があるため、老化の原因である活性酸素を抑制して体の内側から健康を維持して肌荒れを改善する効果があり、若返りを促します。アミノ酸、ビタミン、糖質が含まれているので体の疲れも緩和してくれ、正常なホルモンバランスも促してくれます。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーには肌荒れ予防に効果的なタンパク質、脂質、糖分や免疫力をアップさせるアミノ酸、ビタミン類、ミネラルなど豊富な栄養素が含まれています。美肌効果はもちろんのこと、疲労回復、滋養強壮、更年期の症状改善などにも効果が期待できる幅広い栄養素が含まれています。

ポリフェノール

ポリフェノールほとんどの植物の花や葉、茎などに含まれている色素や渋み、苦み成分が特徴で代表的なところではお茶のカテキン、大豆イソフラボン、コーヒーのクロロゲン酸、チョコレートのカカオポリフェノールなど自然界には4000種類以上のポリフェノールがあるといわれています。ポリフェノールには非常に強い抗酸化作用があり、肌荒れの原因である活性酸素を体内から取り除いてくれる働きがあります。皮脂のバランスも良くなり乾燥肌の改善にもなります。

自分の肌荒れにあったサプリメントを選ぼう

多くのサプリメントがありますが、自分の肌荒れの状態を知り、必要なサプリメントを選びましょう。食事で栄養を摂ることはとても大切なことですが、食事で補いなえきれない栄養素をサプリメントで補うことで肌荒れ防止にもつながるでしょう。サプリメントは栄養補助食品です。数回の服用で効果が出るものではなく、長く継続的に摂取することで効果が期待できます。

綺麗な肌をキープするためには

健やかな美肌を作るためには、食事が大切だと述べました。
綺麗な肌を作る食生活に合わせて、ぜひ合わせて見直して頂きたいのが生活習慣です。
生活習慣を改めて、正しい生活を送るようにすることで、健やかで綺麗な美肌をキープできます。

スキンケアはシンプルに

肌の綺麗な人のスキンケアはシンプルです。
まず、洗顔が一番大切です。汚れを落とさないと、化粧水などに含まれる成分が肌に浸透しません。
洗顔はごしごしと力をいれずに、肌に指が触れないくらいのたくさんの泡でやさしく洗うようにしましょう。
次に、保湿です。たっぷりの化粧水で肌を満たします。肌に合っているものを選びます。高い化粧水を少量使うよりも、安い化粧水をたっぷりと使う方が効果的です。

紫外線対策をきちんとする

冬は日差しがきつくないのでついついUV対策がおろそかになっていませんか?
シミやシワ、たるみなどの肌トラブルを予防するのであれば、季節に関係なくしっかりとUV対策をしましょう。一日のうちで紫外線が一番強くなる10時~15時の時間帯は、出来れば外出を控え、出かける際は必ず日焼け止めを塗るようにし、必要に応じて日傘も使います。

適度な運動をする

運動をすると全身の血行が促進されて、肌の再生に必要な新陳代謝機能も活性化されます。
運動によって汗がよく出るようになり、毛穴の汚れや詰まりを取り除いてくれます。汗の中の保湿成分が自然な潤いを持たせてくれるので、肌のハリや艶が増します。
ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動や柔軟性を高めるストレッチがおすすめです。
ただし、過度な運動をすると老化の原因になってしまう活性酸素を作り出してしまうので、ほどほどにしましょう。日々継続することが大切です。

質の良い睡眠をとる

睡眠不足は肌の細胞に影響します。
眠りのゴールデンタイムは22時~2時です。この時間帯は肌の生まれ変わりを促す成長ホルモンが活発に分泌されている大切な時間です。美肌作りのゴールデンタイムを活用するため、できるだけこの時間帯に眠っている状態を作りましょう。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まると自律神経が乱れてしまうので、体調が崩れます。肌にも健康にも害になります。
ストレス発散方法は人それぞれですが、好きな音楽を聴きながらストレッチをしたり、ヨガなどで呼吸を整える運動は、お肌にも効果があっておすすめです。
最も効果的なのは、笑顔です。笑うことは、心を明るくしてくれます。そして、顔の筋肉を使います。筋肉を使うことで血行がよくなり、美肌効果につながります。
上手くストレスを解消して気持ちをリラックスさせましょう。

まとめ

きれいな肌を作るのには、食事と生活習慣をまず整えることです。
できるだけバランスの良い食事を心がけ、必要な栄養を十分に摂取するようにしましょう。生活が忙しくなり、外食が増えがちになった際は、サプリメントを適切に用いるなどして工夫してみましょう。
生活習慣も、「少し気をつけようかな、少しやってみようかな」と思える簡単なものばかりです。皆さんの生活にもぜひ取り入れて、綺麗な肌を目指しましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧