ポッコリお腹と訣別!下腹ダイエットでお腹を引き締める

ダイエット

ぽっこりお腹を解消するにはまずポッコリお腹が出来る原因を知る事から始めましょう!!
適切な運動方法・食事の仕方・補助食品・etcを理解しスリムなお腹を手に入れましょう!

下腹ポッコリの原因は

日本人の女性の永遠のテーマであるダイエット

夏になると水着を着て海に行きたいので一生懸命ダイエットをする女性が多いのではないでしょうか。
体重は変わっていないのに、下腹がポッコリでてなぜか前には穿けたデニムが穿けなくなった。
真正面から見るとわからないけれど、体を真横から見ると下腹が妊婦さんのように出ている。いわゆる「下腹が出ている状態」です、この部分に脂肪がつくと他が細くても太って見えてしまいます。
下腹ポッコリの原因は1番多いのが、加齢による脂肪の蓄積です。
見た目は痩せているのに、お腹周りだけ脂肪がついてしまうという人が多く、いくらダイエットしてもお腹周りだけ、特に下腹がスッキリしないということがあります。
特に歳を取ると重力のせいか、ウエストではなく下腹に脂肪がつきやすくなってしまいます。いわゆる、中年太りというものです。
また、最近では内臓脂肪のつきすぎで下腹が出るという人も多いようです。その他にも骨盤のゆがみ、冷えやむくみ、姿勢の悪さなどがぽっこりおなかの原因とされています。

下腹ポッコリの原因のひとつとされるのは便秘です。

便秘は症状が自覚しやすいですね。
食べたものがお腹に蓄積されることだけが、下腹ポッコリの原因ではありません。
便秘になるとお腹が張って、妊婦さんのように下腹がでてしまうのは、便秘によって
腸内環境が悪くなることが原因なのです。便秘により、腸の中にガスが発生し、お腹の張りの原因になるのです。
女性は下腹部に皮下脂肪がつきやすいといわれています。体をさわってお腹が冷たいと
感じるとセルライトがたまっている可能性もあります。余分な脂肪を溶かすようなイメージで気になる脂肪部分を温めることを日ごろから意識するといいでしょう。

便秘解消に下剤の服用は緊急時だけ!

便秘が続いて苦しくて病院に行っても看てもらっても便秘薬をもらいますよね、ですが便秘薬では根本的な解決にはなりません。
危険かなと感じる事は便秘薬を使い続けると、自然に便意を感じなくなり体調改善をする意識を忘れ症状を「悪化」させる可能性があります。
便秘のひどい人は便秘薬を飲まなければ何週間出ないこともあります、苦しいですよね・・・。
お手軽なドラッグストアなどで売られている市販の便秘薬のほとんどは「アントラキノン系下剤」です。
これは即効性はありますが、副作用もありますので知らぬ間の体調変化には気を付けて下さい。

オススメ便秘改善方法!

お困りの便秘を改善させるために、まず重要なことは、腸の中の老廃物をスッキリと出してしまうことです。
そこでオススメのひとつはグリーンスムージーです。グリーンスムージには腸内をデトックスして代謝を良くする栄養が豊富です。腸が元気に動くと、便秘も改善できますし、それによって、腸が本来の働きを取り戻します。お腹もスッキリし下腹が目に見えてへこんでいきます!

グリーンスムージーとは

グリーンスムージーは、たっぷりの野菜や果物をミキサーで細かく粉末状にした状態です。
粉末は細かく細かく潰してあるので、胃腸に優しく、しっかりと消化吸収できます。脂肪にならずにエネルギーに変換しやすいので、ダイエットにもオススメです!
グリーンスムージーは、ビタミンやミネラルが豊富なので、お腹・胃腸を断食でリセットする手助けになります。

グリーンスムージーの特徴
・余分な水分や塩分を排出するカリウム
・便を柔らかくする食物繊維のペクチン
・腸の粘膜を守るマグネシウム
・代謝を良くするビタミンB群
・腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖

腸内を改善して便秘を解消しましょう!

そもそもグリーンスムージーってどういう意味?
グリーンスムージーとは、緑の葉野菜とフルーツを水に混ぜた飲みものです。
意外なんですがシンプルですよ!シンプルだからこそ、栄養素を効果的に身体に取り込むことが可能なんです!!

ポッコリお腹ダイエット法は

ダイエットしたいけど、キツイ運動は長続きしないという人も多いのではないでしょうか。痩せていても下腹がぽっこりと出てい下腹ダイエットは、腹筋を鍛えてお腹を凹ませると思っている方もいらっしゃいますが、一般的に考えられている腹筋を鍛える筋トレは、お腹の上部の表面の筋肉を鍛えることはできますが、下腹を引き締めるための筋肉はあまり鍛えられません。下腹を細くするには、腹横筋や腹斜筋などのインナーマッスルを鍛えるのが効果的です。インナーマッスルは、姿勢を保ったり、内臓を支えるなどの役割をしていますので、下腹部ダイエットには、インナーマッスルの強化が欠かせないのです。
下腹ダイエットに効果的な運動をご紹介していきます。

ドローイン

ドローインダイエットはとても簡単で効果の高いダイエット方法といわれています。

1.背筋を伸ばし、大きく息を吸い込み、お腹と背中をくっつけるようなイメージで息をたくさん吸います。吸う時間は2~3秒が良いです。 
2.息をゆっくり吐きながら更にお腹をへこませるイメージをします。この時に肛門を締めるイメージでお尻に力を入れるとよいです。
3.お腹をへこませたまま浅い長い呼吸をするようにして、お腹をへこませている時間15秒間になるように目指します。

息を吸ってお腹を凹ませるとインナーマッスルである腹横筋を使います。腹横筋はウエストがくびれを作る筋肉であり鍛えることでウエストのサイズダウン効果が期待できます。

ウエストひねりストレッチ

ウエストを引き締めて骨盤のずれも防止でき、効果が出やすいエクササイズです。

1.まっすぐ立ち、腕を肩の高さで交差させる
2.腰がずれないようにしながら、ゆっくり腰を右にひねり5秒キープ
3.ゆっくり戻し、次に左にひねり5秒キープ

体が前に傾かないように注意しながら10回程度くりかえしましょう。

下腹部とヒップアップに効果のあるヒップリフト

お腹まわりの内臓を支えるインナーマッスルを効果的に鍛えるエクササイズです。

1.仰向けになり両足を軽く開いて膝を直角に曲げる。手は体に沿って床を支える
2.ゆっくりと腰を持ち上げて肩からつま先が一直線になるところで5秒キープ
3.ゆっくりと腰を下ろし、床につく手前で止める

これを10回繰り返します。

下腹ポッコリ解消におススメの食事とは

内臓脂肪を落とすうえで効果的な食生活とはどんなものなのでしょうか?
カロリーを抑える、糖質を抑える、脂質を抑えるだけを考えてしまいますと栄養バランスも崩れてしまいますので健康的とはいえません。そこで、内臓脂肪を落とすうえで効果的な食べ物をご紹介いたします。

雑穀や玄米

雑穀や玄米は通常の白米と比較すると非常に痩せやすくダイエットには良いと考えられています。その理由は食物繊維やミネラルが方法なので代謝を高め、腸内環境の改善を行い、結果的にダイエット体質を作ることができます。また、白米のように柔らかくないので、しっかりと噛まないと食べられません。噛むことが習慣化され満腹中枢が十分に刺激されるので過食を抑えることができます。

食前や間食にフルーツ

フルーツにはビタミン、ミネラル、食物繊維やファイトケミカルスなどの抗酸化物質も含まれています。これらを摂取することにより内臓の代謝が良くなり血行も改善されていきます。また、食前や間食に食べるとある程度お腹を満たせるためごはんの量をいつもよりも減らすことができます。おススメなのはベリー系やブドウ類、柑橘系です。フルーツの皮に多く含まれている栄養をベリー系やブドウ類はそのまま摂取でき、高い栄養価がきたいできます。

水をしっかりと飲む

人間の体の60%は水分でできています。水を飲むことで体循環を良くし、老廃物質を排泄.します。代謝も良くなりますのでダイエットに良いと言えます。
栄養バランスが悪ければ便秘を促してしまいます。便秘はポッコリお腹の原因の1つです。便秘の解消のためには、ヨーグルト、野菜や果物、豆類、海藻類を特に意識したバランスのよい食事を心がけましょう
下腹ダイエットを成功させるためには、エクササイズだけでなく、冷え防止、便秘解消の食生活、正しい姿勢の維持も大切です。特に正しい姿勢は普段から意識するようにしましょう。

また、エクササイズは無理のない範囲で毎日続けるように意識しましょう。

ポッコリお腹には普段から下腹引き締めダイエット

普段から良い姿勢を保つことを心がけるようにしましょう。姿勢が悪く猫背ぎみだと

余計に下腹が出てしまいます。姿勢が悪く背中の筋力が落ちると、腰痛の原因にもなります。

鼻から息を吸いながらお腹をへこませます。この時におへそとお尻をくっつけるようなイメージで行うとより引き締められます。次に息を吐くときにもお腹に力を入れたまま口から長く息をはきます。一人の時なら吐くときに、「は~」と声を出しながらしても効果はアップすると思いますよ。呼吸とお腹の動きを繰り返せば、自然と下腹を引き締める癖がついてきます。お腹の力をぬき、猫背」の姿勢ではいつまでたっても下腹ポッコリは解消されることはないでしょう。下腹ポッコリを解消したいなら、意識を変えることが大切です。

今まで、何気なく行っていた普段の行動の中に、意識して下腹をひっこめるということを
組み込んでいくといいでしょう。立ち仕事や、デスクワーク、家事をしながらでも常に下腹に力を入れることを意識していくことが大切です。呼吸は自分のペースで楽に行うようにしましょう。

下腹ダイエットは長く続けることが大事

下腹ダイエット法は色々と取り上げられることが多いですが、真に大切なことは、しっかりと続けることです。
色々なダイエット法を中途半端に試したけど、あまり長続きしなかったということがあるかもしれません。しかしそれでは、結局のところ本当の目的である、痩せるという成果が出ないということになってしまいます。
また、結果を早急に求めるあまり、焦りが出てしまい、それがダイエットの失敗につながるということもあります。
ダイエットは数日やそこらで、結果が決まるものではありません。そんな早くに痩せることが出来るのは、怪しいものです。
ダイエットをすると一度決めたら、それを長く続けていくことが大事なんです。
初めの頃は、順調に体重を落とすことが出来ていたけれど、徐々に今のままのダイエット法で、中々結果が出ずに苦しむという時期があるかもしれません。そんな時に、焦ってオーバーワークの運動をしたり、過度の食事制限などをしてしまうと、一気にリバウンドが来てしまい、また元の体重に戻ってしまったなんていうことにもなりかねません。
ダイエットをしようという人の心の中では、すぐに痩せたいという気持ちがあると思います。
しかし、そんなすぐに痩せることが出来るのは、体に大きな負担をかけるような、危険なダイエットだと思います。ダイエットはしっかりと続ければ、ちゃんと応えてくれるものです。長くじっくりとダイエットに取り組むようにしてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧